Kstyle新着情報K.STYLE NEWS

2017.04.24

セルフケア教室 (頭痛)

活動紹介

セルフケア教室 (頭痛)

当院では、自律神経症状の知識を身に付けていただき

もっと身近に感じていただく為の活動として院内にてセミナーを開催しております。

今回のテーマは「頭痛」

頭痛の知識と共に自律神経との関連、セルフケア方法をお伝えしました。

講師は自律神経に特化した、いわき整骨院スタッフ達。

院内セミナーでしたので10名程度の少数で行われました。

<頭痛患者の全国統計をご存知ですか?>
頭痛患者は4000万人と推定され、国民の健康を脅かす重要な疾患の一つとされています。
なかでも片頭痛の有病率は840万人にのぼり、世界保健機構(WHO)によれば、健康寿命を短縮する疾患の19位(女性では12位)に位置付けられております。

全国疫学調査によれば片頭痛患者の74%は日常生活に何らかの支障をきたしていますが、受診をしても、疾患の説明・治療の内容が不満足と感じている患者が多く

残念ながら本邦の頭痛診療のレベルはまだ十分に国民のニーズを満たしておりません。
片頭痛患者のQOLは健康対照と比較して、身体面、心理面、社会的機能などにおいて有意に阻害されています。WHO(世界保健機関)の調査では片頭痛は健康寿命を平均2.3年縮めるとされています。

頭痛には上記のような背景があるんですね。

そういった中で、このセミナーを開催した目的としては

・セルフケア

自分の身体を気遣う(管理)ということを目的としています。

そして、当院では

本当の健康とは「自立」することであると考えています。

これは頭痛に限らず、様々な症状にも言えることです。

何か身体に異常が出たらすぐに病院に行き

薬を処方してもらって治すという事は「自立」しているとは言いません。

その症状に対して正確な知識を持ち

病院や薬、整骨院などに頼らず

自らの力で症状の治癒を目指すことが重要なのです。

病院や整骨院に頼りすぎることは「依存」と同じです。

「依存」してしまうと

病院に行くこと、整骨院に行くことが普通になってしまい

自らの力で自然治癒させることができなくなってしまいます。

本来、人間にはとても高い「自然治癒力」が備わっています。

しかし、食生活の乱れや不規則な生活、薬の常用などが続くと

その機能は低下し、様々な症状の発症の原因となってしまいます。

今回、お伝えした頭痛もその一つです。

しかし頭痛が起きても、知識とセルフケアを知っていれば

何かに頼ることなく、副作用のない自らの力で身体を整えることができます。

セミナーの内容としては

  1. 自律神経について

聞いたことはあるけど具体的にどのようなものかは分からない

といった悩みを解消。

  1. 頭痛の特徴

片頭痛と緊張性頭痛の違い。

  1. 頭痛と自律神経と首の関係

自律神経の乱れを首から判断!?

  1. マッサージでは改善が難しい理由

○○へのアプローチがもたらす、○○神経の低下。

  1. セルフケア

腹式呼吸 ~呼吸とお坊さん~

血流改善 ~カギは頚椎○番?~

足首の運動 ~ふくらはぎのミルキング~

など

上記のような内容でお送りしました。

これらの内容は知識として持っておくことで

いざというときに役立つ時が来るはずです。

頭痛が良くなるだけで、人生が好転する方もいます。

全てを前向きに考えることができるようになります。

我々は、こういったセミナーを通して

1人でも多くの方に貢献できるよう活動していきます。

今後も様々な内容のセミナー開催を検討中です!

開催の際は、ご案内いたしますので、ふるってご参加ください!

「知識を備えて、健康に暮らせる人生を!」

自律神経専門整体K-style / いわき整骨院

〒761-8073
香川県高松市太田下町1962-11
tel:087-867-5311

赤ちゃんからマタニティ・高齢者の方までどんな方でもお気軽にK.styleにご相談ください。INFORMATION

〒761-8073
香川県高松市太田下町1962番地11
Kstyle[いわき整骨院併設]

受付時間
午前  8:30〜12:00
午後  15:00〜19:00 × ◯※

[ 休診日 ] 木曜午後・日・祝祭日 ※土曜午後は13:00〜15:00迄

完全予約制19時まで受付駐車場6台高松ゆめタウンより車で5分

ー完全予約制ー

K.styleへのご予約は

TEL. 087-867-5311

ーお問い合わせフォームー

K.styleへお気軽にご相談ください

ENTER
不妊・婦人科疾患で
お悩みの方へ
交通事故で
お悩みの方へ