2015.01.14

ぎっくり腰を自律神経調整整体で改善(20代女性)

整形外科疾患&その他

腰が90度に曲がって痛いぎっくり腰の症例報告です。

 

25歳 女性

 

「主訴」

腰が90度に曲がって何するにも腰が痛い。(ぎっくり腰)

4~5日前から痛みを感じ、ある日突然立てなくなった。

体温 35.8°

両ひざの痛み、突発性難聴(両耳)、立ちくらみ、 不整脈、動悸、花粉症。

 

「検査」

両腕バンザイ検査で左手約3センチショート。

仰臥位でも腰が痛く、膝を伸ばせられない。

両ひざ左右倒しで左に倒すと痛い。

 

「調整」

・心臓右心房のリズム低下の為、胸郭調整(5秒くらい)。

両ひざ左右倒しで左倒し解消。

両腕バンザイ検査、左右解消。

仰臥位で膝が伸ばせるようになる。

座ってもらうと、左重心で激痛。

 

・左骨盤部タッチ(触れているのみ5秒くらい)

 

左に体重掛けても痛み無し。

 

ROM大幅に改善。 立位で検査。

 

背筋が伸び、腰がやや曲がっている程度まで回復。

 

もう少しチャレンジ。

 

・立位状態で左大腰筋タッチ(10秒くらい)。

背筋がだいぶ真っ直ぐになる。

あとは睡眠を取れば回復すると説明して終了。

 

「診立て」

・体温と立ちくらみ、動悸、不整脈から交感神経優位状態と判断し、心臓を検査すると反応。

心臓調整で心膜→横隔膜→大腰筋の膜連鎖で膝が伸び、腰の回旋も動きが出る。

大腰筋とリンクするのは腎臓だが、あえて大腰筋を調整した。

(皮膚の状態、髪の毛、むくみの有無から判断して)

調整時間は10分もかかっていませんが、

調整ポイントが問診時に絞れたからです。

ぎっくり腰で腰が伸びない時は、お腹を調整しなければ改善が遅くなります。

腰の調整は時間が掛かり、戻りも早いし、悪化する場合もありますから・・・。

*結石との鑑別診断大事です。

 

ぎっくり腰になった時は、腰をマッサージしてはいけません!

間違いなく、悪化しますのでやめましょう!

牽引もしかりです。

ぎっくり腰はお腹を調整しなければいけません。

 

上記の調整で改善しない場合は奥の手があります。

ある1箇所に秘孔をつきます。

大げさに言いましたが、銀粒をある1箇所に貼ると劇的に改善します。

ぎっくり腰でお困りの方はご相談ください。

 

いつもあなたが健康でありますように・・・・・。

 

 

赤ちゃんからマタニティ・高齢者の方までどんな方でもお気軽にK.styleにご相談ください。INFORMATION

〒761-8073
香川県高松市太田下町1962番地11
Kstyle[いわき整骨院併設]

受付時間
午前  8:30〜12:00
午後  15:00〜19:00 × ◯※

[ 休診日 ] 木曜午後・日・祝祭日 ※土曜午後は13:00〜15:00迄

完全予約制19時まで受付駐車場6台高松ゆめタウンより車で5分

ー完全予約制ー

K.styleへのご予約は

TEL. 087-867-5311

ーお問い合わせフォームー

K.styleへお気軽にご相談ください

ENTER
不妊・婦人科疾患で
お悩みの方へ
交通事故で
お悩みの方へ