2017.08.03

2人目不妊で卵子数の低下だった方「妊娠報告」

不妊&婦人科疾患

%e3%83%9e%e3%82%bf%e3%83%8b%e3%83%86%e3%82%a3%e5%a5%b3%e6%80%a7

 

2人目不妊で来院された

30代女性の方の妊娠報告です。

26年10月4日、二人目のお子さんを

希望されて来院足の冷えが気になる。

 

 

初診時

 

3年間、体外受精をされるがうまくいかず、

病院での検査では卵子の数が少なく、

コレステロール値が高く、

血糖値も高めです。

皮膚が荒れやすく、

一人目のお子さんを生んだ後は風邪を

引きやすいそうです。

 

 

基本的に首の調整をしながら

頭と内臓の調整をします。

不妊症になりやすい方の特徴としては

腎臓と肝臓に何らかの反応(エネルギー不足)

が出ており、体の芯が冷えています。

 

 

子宮内温度37.2℃で卵子と精子が

受精しやすい体温ですが

体の体温が36.5℃ないと子宮内が

37.2℃になりません。

ですので常に体は温めるように

指導しています。

 

体温を温める為には自律神経に影響される

ホルモン中枢が視床下部にあり頭蓋骨で

守られているので頭の調整もしています。

 

 

10月から週1で来院されていますが

徐々に皮膚の荒れやすさや

風邪の引きやすさが改善していきました。

 

10月後半から週に1回、

松山へ母親の病院の付き添いで

行かれたせいか、

11月1日に風邪を引かれ

体に負担があるそうです。

 

 

免疫が落ちていて脾臓と胸腺を中心とした

施術をしました。

12月に入り冷えが一段と強くなり

手先足先が冷えてきたので

体の奥の血流促進、脳脊髄液の流れを促進

する施術をしました。

 

 

この方は体質的に食べ物の吸収力が弱く、

あまり太れない体質で肌色も色白なので

肺が弱く、風邪をひきやすい方です。

爪を診ればペコッと凹みがあり、

体内の鉄が足りていないので鉄を

とるように伝えました。

 

 

12月12日 体外受精をされたかどうか、

確認をすると妊娠されたそうです。

ご本人さんもとても喜んでいました。

一歩前進した感じです。

ですが大事なことはこの後のケアです。

どのようにお母さんと胎児を

ケアするのか?

で無事、安産になるかどうか

決まりますし、難産になればなるほど

お母さんにも負担がかかります。

 

 

何よりもお子さんのその後の発育に影響を及ぼします。

更にお母さんの産後による子育てにも大き

く影響します。

当院では妊娠する前からマタニティ、

産後までのどの状態でも

体の調整をしていますので

お気軽にご相談ください。

赤ちゃんからマタニティ・高齢者の方までどんな方でもお気軽にK.styleにご相談ください。INFORMATION

〒761-8073
香川県高松市太田下町1962番地11
Kstyle[いわき整骨院併設]

受付時間
午前  8:30〜12:00
午後  15:00〜19:00 × ◯※

[ 休診日 ] 木曜午後・日・祝祭日 ※土曜午後は13:00〜15:00迄

完全予約制19時まで受付駐車場6台高松ゆめタウンより車で5分

ー完全予約制ー

K.styleへのご予約は

TEL. 087-867-5311

ーお問い合わせフォームー

K.styleへお気軽にご相談ください

ENTER
不妊・婦人科疾患で
お悩みの方へ
交通事故で
お悩みの方へ