2015.03.04

体外離脱の仕組み

整形外科疾患&その他

久しぶりにコラムを書いた。

最近何かと忙しく、コラムや症例を書く時間がない・・・。

でも書くの好きだから、ボチボチ書いていこう!

 

「自分の魂が身体を抜け出して、横たわっている自分の体を見下ろしていた」

「自分の体から抜け出し、家からも抜け出して空中散歩をしていた」

そんな話を1度でも聞いたことがあるかもしれない。

特に死にかけた人が証言していることが多く、いわゆる体外離脱、幽体離脱と

言われる現象で、臨死体験のひとつの典型である。

臨死というのは、死にかけであって、まだ生きているということ。

死にそうな状態で、神経ニューロンは異常な興奮を起こし、

「最後の夢」を生み出していると言われている。

 

ペンフィールド(医師グループ)は、てんかんを治療する目的で患者の脳に電極を当て、

脳の各所を電気で刺激していた。

すると、脳の決まった場所を刺激すると、患者は奇想天外な体験を味わったという。

「ベッドに寝ている自分から自分が抜け出して、上から見下ろしている」と言うのだ。

まさしく、体外離脱や幽体離脱。

 

その脳を刺激したある箇所とは・・・・・

 

「右頭頂葉の角回」

IMG_0342

 

角回は、平衡感覚の中枢であり、飛行機の乱降下した時や

エレベーターが動いたときに活動する場所。

視覚の情報も入ってくる。

特に右頭頂葉の角回が人工的に活性化された時、

人間は体外離脱を味わうということだ。

 

人体の仕組みは不思議であり、まだまだ道の世界。

宇宙が全て解明されていないのと同様に人体もまだまだ分からないことが多々ある。

治療家人生でいかに人体の神秘に触れることが出来るのか

知ることが出来るのかが、私の興味であり、趣味でもあり道なのかもしれない。

 

いつもあなたが健康でありますように・・・・・。

 

 

 

赤ちゃんからマタニティ・高齢者の方までどんな方でもお気軽にK.styleにご相談ください。INFORMATION

〒761-8073
香川県高松市太田下町1962番地11
Kstyle[いわき整骨院併設]

受付時間
午前  8:30〜12:00
午後  15:00〜19:00 × ◯※

[ 休診日 ] 木曜午後・日・祝祭日 ※土曜午後は13:00〜15:00迄

完全予約制19時まで受付駐車場6台高松ゆめタウンより車で5分

ー完全予約制ー

K.styleへのご予約は

TEL. 087-867-5311

ーお問い合わせフォームー

K.styleへお気軽にご相談ください

ENTER
不妊・婦人科疾患で
お悩みの方へ
交通事故で
お悩みの方へ