2017.03.30

冷え症

不妊&婦人科疾患

冷え症の悩みは女性に多くみられます。

手足の冷え、足腰の冷え、

夏でも靴下をはかないと寝られない方もいます。

成人女性の2人に1人は、

からだ全体が冷えてしまうのではなく、

手足や腰など部分的に冷えてしまう

『冷え性』に悩んでいるといわれています。

まず体を一定の温度に保つ役割があるのが、血液です。

血流が悪くなると、体温も低くなり、

冷えを感じるようになります。

ではなぜ血流が悪くなるのでしょうか?

 

冷え症6つの原因

①入浴(シャワーのみの方)

入浴することで、体は温まり、血行促進、

体内の疲労物質が除去されるという効果があります。

特に38~40℃のぬるめのお湯にゆっくり入ることで、

体を休ませる神経【副交感神経】が働き、

心身ともにリラックスできる効果があります。

②食事

夏の食べ物は体を冷やすものが多く、

冬の食べ物は体を温める役割があります。

現在では、1年を通して

夏・冬関係なく食べ物が手に入ります。

その季節の食材、産地のものを

摂るよう心がけて下さい。

③環境

夏はエアコン、冬は暖房がきいていて、

いつも快適な環境になりました。

しかし、それが体の体温を調節する環境に

ならなくなりました。

人の体は環境に適応するような

システムになっています。

あまり体温調節する必要がなくなれば、

機能は低下していきます。

年中一定の環境よりも温度の変化をつけることが、

自然治癒力が高まって体温調節により、

冷え性も改善していくでしょう。

④服装(補正下着・骨盤ベルト)

体を締め付ける服や下着は、

血行や代謝を悪くし、

体を冷やすだけでなく、

体がゆがみ腰痛の原因にもなります。

コルセットは腰痛があるので

着ける方が多いのですが、

それがかえって腰痛を悪化させます。

人は環境に適応しますので、

筋肉で骨盤を支える必要がなくなれば

筋肉はどんどんおちていきます。

結果、コルセット無しでは

不安定に感じてしまうのです。

また、ウエスト部分がきつい服装や下着は、

太もものつけ根部分にある動脈やリンパ節を圧迫し、

下半身の血液の循環を悪くしてしまいます。

(人体で一番大きいリンパ節は股関節です)

⑤ダイエット

無理なダイエット(極端な食事制限)は、

体を温めるためのエネルギーが不足し、

栄養不足となり、飢餓状態と体が判断した場合、

逆に脂肪が燃えにくい体となって

冷え性の原因となってしまいます。

また、女性ホルモンのバランスを乱し、

様々な不定愁訴があらわれてきます。

バランスのとれた食事を摂取し、

筋肉を動かし、血流をよくしましょう。

摂取カロリー<消費カロリー

であれば、徐々に体は引き締まります。

⑥ストレス

ストレスが多いと交感神経ばかり

働いてしまいます。

交感神経が優位になると

血管を収縮させますので、

筋肉がかたくなり、

栄養・酸素が全身に行き渡らず、

リンパの流れも悪くなり、

疲労物質や老廃物が

排出されにくくなってしまいます。

その結果、冷え症となってしまいます。

 

冷え症3つのタイプ

1:消化器系の機能低下(胃下垂の人が多く、下痢しやすい)

2:腎・膀胱系の低下(水分代謝が悪く、トイレが近い)

3:婦人科系の機能低下(生理不順・生理痛があり、血液循環が悪い)

※2,3のタイプはむくみやすいのが特徴です。

 

病気を伴う冷え(冷えがあまりにもひどい場合)

・膠原病

・レイノー症候群

・閉塞性動脈硬化症

・甲状腺機能障害

などの病気が原因の場合もありますので、

病院で診断を受けましょう。

 

食養

(消化器系の弱い方)

・ダイコン
・ニンジン
・ショウガ
・サンショウ

(腎・膀胱系の弱い方)

・ヤマイモ

(婦人科系の弱い方)

・サフラン
・ベニバナ

 

自律神経整体

日常生活に気を付けて頂くのが大前提ですが、

冷え症の方に多いのが、

自律神経の交感神経優位になっていますので、

調整する事により、脳幹のバランスを整える結果、

自律神経のバランスが整ってきます。

そうしますと、内臓が働きだし、

食物からエネルギーを効率よく

消化、吸収し、血液に乗って

栄養素が各組織へと運ばれます。

その積み重ねが冷え症改善へと繋がります。

いくら高価で栄養価の高い食物を摂取しても

消化・吸収されなければ意味がありません。

自律神経整体で内臓の働きを

正常にしてあげることが大切です。

「今日の食事が未来の体を作る」

首や頭蓋矯正、内臓調整で自律神経を整えて

食物を効率よく消化・吸収させ、

冷え症を改善しましょう。

「冷えは万病の元」

冷え症でお困りの方はご相談ください。

 

 

赤ちゃんからマタニティ・高齢者の方までどんな方でもお気軽にK.styleにご相談ください。INFORMATION

〒761-8073
香川県高松市太田下町1962番地11
Kstyle[いわき整骨院併設]

受付時間
午前  8:30〜12:00
午後  15:00〜19:00 × ◯※

[ 休診日 ] 木曜午後・日・祝祭日 ※土曜午後は13:00〜15:00迄

完全予約制19時まで受付駐車場6台高松ゆめタウンより車で5分

ー完全予約制ー

K.styleへのご予約は

TEL. 087-867-5311

ーお問い合わせフォームー

K.styleへお気軽にご相談ください

ENTER
不妊・婦人科疾患で
お悩みの方へ
交通事故で
お悩みの方へ