2017.06.02

起立性調節障害

自律神経失調症

d53a656a7b3e30d9efdb41db67866717_s

起立性調節障害は

朝起きるのがつらい、

午前中に調子が悪いなど

低血圧の症状が起こる、

自律神経のバランスの乱れが原因で

おこる疾患です。

 

体が急激に成長する

思春期の子どもに多く発症し、

大人でもかかることがあります。

規則正しい生活が送れないため、

朝は起きるのが非常につらい状態です。

午前中の活動が困難なため

学校も休みがちになってしまいます。

しかし午後になるにつれ元気になり、

夜には完全に元気になることが

ほとんどです。

ですので周囲からは

怠け者だと誤解を受けたり

精神的にもつらい疾患です。

 

主な特徴


 

起立性調節障害は症状によって

4つのタイプに分けられます

 

●起立直後性低血圧

起立直後に血圧が低下する

一番多く見られるタイプです。

脳への血流が特に不足し、

ふらつき、立ちくらみなどが頻繁におきます。

また交感神経が鈍く、常に倦怠感を感じます。

 

●体位性頻脈症候群

起立直後は正常ですが、

しばらくすると著しく心拍数が増加し、

1分間に115回以上となります。

(通常は70~80回)

そのため全身がだるく、

ふらつき、頭痛がおこります。

 

●神経調節性失神

起立直後は正常ですが、

しばらくすると顔面蒼白になり、

血圧が急に低下し意識朦朧となり

失神することがあります。

朝礼で生徒が倒れるのはこのタイプです。

 

●遷延性起立性低血圧

起立直後は正常ですが、

3~10分後に血圧が15%以上下がり、

動悸や冷や汗、気分不良を起こします。

これは比較的まれなタイプになります。

 

全体的な主な諸症状としては、

頭痛、吐き気、立ちくらみ、

ふらつき、倦怠感など、

典型的な自律神経症状が見られます。

これらの症状がきついため、

朝起きれないという状態になります。

 

原因


 

7e77c950db559ff2f4a97f738e0c35b5_s

交感神経と副交感神経の

バランスの乱れが原因だと言われています。

人間は朝目覚めるときは

交感神経が優位になり、

夜寝るときには

副交感神経が優位になります。

つまり、朝起きると活動的な体になり、

夜になるとリラックス状態になります。

しかしこれが逆転している状態だと、

朝に交感神経優位にならないので

血圧が上がらず

体の血流が不足しているため

頭痛、吐き気、めまいなどの症状が現れます。

 

この自律神経の乱れの原因としては、

ストレス、オーバーワークなどが考えられます。

とくに中学生ぐらいになると、

学校+部活+塾という風に

かなり忙しくしている子どもも少なくありません。

これがオーバーワークとなっており、

ストレスとなっています。

 

また、気温が上昇してくる

春~夏に多く見られます

これは気温が上がることで

血圧が下がりやすくなること、

さらには汗をかくことで

脱水症状になるからです。

 

医師・病院での治療


 

bf0604ad57c34f4be045c514d1772e3d_s

 

子どもは小児科、大人は心療内科を

おすすめします。

可能であれば症状の出ている

午前中にいくと良いでしょう。

治療としてはまず非薬物療法から始めるようで、

日常的に自分でできる治療、

セルフケアの指導を受け

症状を軽減させます。

その後、投薬治療で

血管を収縮させ血圧を上昇させたり、

症状にあった薬により治療が進みます。

 

K-styleでの施術


 

iwaki-hand

 

K-styleは自律神経疾患を

得意としています。

患者さんの症状にあった調整をし、

自律神経のバランスを整えます

そして、この疾患の患者さんは、

頚静脈孔、腎臓、小腸の調整

快方に向かう傾向にあります。

また、腰椎後彎も多く見られますので

それも併せて調整していきます。

さらには自律神経を整えるための

生活指導や食事指導も行っております。

 

治療を進めると、早い人だと

数ヶ月で改善するようです。

そのためには周囲の理解が必要です。

特に学校には医師の診断書を提出するなど、

病気について認識してもらうことが

回復の近道です

一番つらいのは患者さん本人で、

学校にいけないことが

プレッシャーになっていることでしょう。

そのプレッシャーがストレスとなり、

治療を遅らせる原因にもなりかねません。

 

時間は掛かるかもしれませんが、

自分の体と正直に向き合って、

ゆっくりと治療していきましょう。

 

起立性調節障害でお悩みの方は

一度ご相談ください。

 

赤ちゃんからマタニティ・高齢者の方までどんな方でもお気軽にK.styleにご相談ください。INFORMATION

〒761-8073
香川県高松市太田下町1962番地11
Kstyle[いわき整骨院併設]

受付時間
午前  8:30〜12:00
午後  15:00〜19:00 × ◯※

[ 休診日 ] 木曜午後・日・祝祭日 ※土曜午後は13:00〜15:00迄

完全予約制19時まで受付駐車場6台高松ゆめタウンより車で5分

ー完全予約制ー

K.styleへのご予約は

TEL. 087-867-5311

ーお問い合わせフォームー

K.styleへお気軽にご相談ください

ENTER
不妊・婦人科疾患で
お悩みの方へ
交通事故で
お悩みの方へ