2017.07.04

アトピー性皮膚炎とエアコンとの関係

アトピー&乾癬&自己免疫疾患

これからの季節暑さが増しエアコンが大活躍するように

なりますね。

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a

今年は猛暑の予想も出ているのでエアコンをつける機会も

例年より多いと思います。

アトピーを発症している方はこのエアコンで症状が悪化する

ケースも多く見られます。

 

なぜエアコンで悪化するか

 1 極度のエアコンの使用で自律神経のバランスが

さらに悪化する

 2 エアコンの使用で汗をかく機会が減少する

 3 エアコンの乾燥した空気により肌の乾燥が悪化する

 

これらの要因が考えられます。

まず1の自律神経のバランスが崩れるというのはTVや

インターネット等でも紹介され有名ですね。

この自律神経のバランスが崩れることで、もともとアトピーを発症している方は副交感神経が優位だったり、ステロイドの

使用で交感神経が優位だったりしている状態なので、それ以上にバランスが崩れ症状を悪化させる可能性があります。

エアコンの使用で汗をかきにくくなると、アトピーの方は

もともと汗をかきにくい状態なのにさらに汗をかかないと

体の中に毒素がたまりやすくなります。その結果溜まった毒素が皮膚に影響を与え悪化します。

%e6%b1%97

エアコンの風は機械の構造上乾燥した空気が流れます。

アトピーの方の乾燥肌の方はその乾燥した空気が当たることで皮膚の水分をさらに奪いかゆみの原因になります。

 

〜対策〜

 エアコンの設定温度を見直しましょう。

設定温度が高い方が通常湿度も上がります。

体のホメオスタシスを有効に
%e3%82%a8%e3%82%a2%e3%82%b3%e3%83%b3

 エアコンの風が直接当たらないようにしましょう

直接当たると皮膚の水分を奪います

自律神経にも影響します

職場の机の配置上当たる場合は一枚羽織るなどして直接当たらないようにしましょう

 適度に保湿を行いましょう

%e5%85%a5%e6%b5%b4

 入浴で保湿も

%e5%85%a5%e6%b5%b4%e5%89%a4

などなどありますので詳しく知りたい方やアトピーなどで

お困りの方は当院までお問い合わせください。

くれぐれも今年は猛暑が予想されておりますので、気温が体温を上まる時は必ずエアコンを使用してください。

上まらない場合でも気温が28℃を超える場合は熱中症になるリスクがありますので上手く利用してください!

赤ちゃんからマタニティ・高齢者の方までどんな方でもお気軽にK.styleにご相談ください。INFORMATION

〒761-8073
香川県高松市太田下町1962番地11
Kstyle[いわき整骨院併設]

受付時間
午前  8:30〜12:00
午後  15:00〜19:00 × ◯※

[ 休診日 ] 木曜午後・日・祝祭日 ※土曜午後は13:00〜15:00迄

完全予約制19時まで受付駐車場6台高松ゆめタウンより車で5分

ー完全予約制ー

K.styleへのご予約は

TEL. 087-867-5311

ーお問い合わせフォームー

K.styleへお気軽にご相談ください

ENTER
不妊・婦人科疾患で
お悩みの方へ
交通事故で
お悩みの方へ