2017.07.28

卵巣トラブル

不妊&婦人科疾患

女性の体調に一生を通して多大な影響を

与えるのが卵巣です。

東洋医学では生殖器は腎に

支配されています。

卵巣トラブルは腎と腸を

元気にすることです!

<卵巣チェック>

⑴排卵痛がある

⑵月経血の量が多い

⑶薬を飲まないと我慢できない月経痛がある

⑷慢性的な便秘または下腹部痛や腰痛がある

⑸外側の股関節の付近にコリがあって筋肉が

緊張している

 

卵子の老化

卵子は年齢と共に働きが低下してくるのは

自然界の掟ですが、卵子の低下速度を

緩める事は可能です。

卵子を成熟させる過程や仕組み、

卵子を老化させる原因はこちらをご覧ください。

排卵障害

卵子が成熟し脳へフィードバックする事で、

「排卵しても良いですよ」という命令が

脳から卵巣に伝わります。

脳→卵巣→脳→卵巣のルートを確保すれば、

正常に排卵を行う事が出来るように

なります。

そのルートでどんなトラブルが

起こりやすいのかを解説しました。

 

→ブログ「排卵障害」へリンク

 

ピックアップ(キャッチアップ)障害

卵巣から排卵された卵子は、卵管采で

ピックアップ(キャッチアップ)されます。

ピックアップ(キャッチアップ)されない

場合は、卵管の癒着や卵管の炎症が

多いものです。

また便秘によるものやストレスからくる

卵管の動きの抑制、

大腰筋や腸腰筋などのインナーマッスルの

アンバランスもピックアップ

(キャッチアップ)障害を招く可能性が

あります。

 

卵巣機能不全(卵巣機能低下症)

卵巣機能不全には様々な原因が

考えられますが、

その多くは精神的なストレスが

引き金になっていると言われます。

卵巣に女性ホルモンを分泌するように促す

脳の視床下部は、自律神経を司る

器官でもあり、ストレスの影響で

自律神経が乱れると卵巣への指令が

うまくだせなくなるからです。

 

卵巣のう種

卵巣嚢腫とは卵巣に液状成分が溜まって

腫れている状態のことを言います。

キネシオロジーで調べていきますと、

寄生虫や菌、代々受け継がれてきたもので

反応することが 多いようです。

また体液循環の低下も見られます。

 

寄生虫や菌、代々受け継がれてきたもので

反応した場合は、

量子物理的干渉で調整を行っています。

 

卵巣炎

卵管が細菌感染などにより炎症を起こした

場合を卵管炎といいます。

キネシオロジー検査では菌やウイルスで

反応することが多いようです。

 

その場合は量子物理的干渉で調整(消失)を

行っています。

卵巣トラブルを解消するには、胃と腸内環境を整える事が大切!

生殖器や下半身、骨や老化、体液循環と

関わるのが腎になります。

また、腎と関連する筋肉は大腰筋と腸腰筋

であり、これらの筋肉は インナーマッスル

として体幹のバランスを取る重要な筋肉に

なります。

大腰筋と腸腰筋は卵巣付近を走行しており、

筋肉のアンバランスで 体幹が捻れて

(ゆがみ)卵巣や卵管に影響を与えます。

卵管が詰まっていると病院で診断されていて

も、当院の調整で通菅する事もあります。

これは大腰筋や腸腰筋のアンバランスから

詰まっていたという事になります。

むくみや顔のくすみ、引き締め効果があるの

も体液循環に関わる腎の働きです。

肩こりや便秘が解消すると妊娠率がUPする!

肩こりや便秘は肺と大腸にトラブルがある事

を教えてくれています。

東洋医学では、肺と大腸は陰陽(表裏)の

関係があります。

不妊に限らず女性は肩こりや便秘の方が

多いですね。

肺の低下は酸素摂取能力の低下から、

血液中の酸欠を招き、動脈の緊張から

コリが生じます。

肌の乾燥も肺と関係しています。

大腸でトラブルを起こしやすいのは、

回盲部(盲腸付近)とS字上結腸です。

これらの大腸は生殖器付近を走行するため

影響を受けやすい事と、 便秘の場合は、

体内毒素の排出不足から血液の新鮮さを失い

がちです。

ホルモンは血液に乗って運ばれますので、

瘀血(おけつ)は解消しなければ

なりません。

 

ストレスによる交感神経の緊張は

心臓のポンプ圧を低下させる!

自覚しているストレスや潜在している

ストレスが長期に渡りますと 交感神経の

緊張を招きます。

自律神経はシーソーの働きをするため、

交感神経が働けば、 バランスをとるように

副交感神経が働くのが正常な状態です。

ですが、ストレスが蓄積してきますと、

常に交感神経が働き体は休息(修復)モード

にならず、心臓のポンプ圧低下→血管の収縮→血流不足→冷え→ホルモンアンバランス

となります。

また、東洋医学では心と小腸は陰陽(表裏)

の関係から、小腸の栄養吸収率低下、

常在菌である 腸内カンジダの増殖→糖質を

欲する→膵臓に負担→広背筋(背中の筋肉)

弱化→猫背→倦怠感 に繋がります。

 

左肩甲骨付近がこって痛い方は、心に負担が

掛かっている可能性があります。

不妊治療に取り組まれている方も、

これから妊娠準備をしていく方にも当院の

自律神経整体を受けられることを

お勧めします。

可能な限り健康な身体で、

質の良い卵子で受精しませんか?

 

赤ちゃんが健康な身体で生まれてくる

可能性を少しでも高める努力をしましょう!

母子ともに健康で無事に

出産出来ますように・・・。

赤ちゃんからマタニティ・高齢者の方までどんな方でもお気軽にK.styleにご相談ください。INFORMATION

〒761-8073
香川県高松市太田下町1962番地11
Kstyle[いわき整骨院併設]

受付時間
午前  8:30〜12:00
午後  15:00〜19:00 × ◯※

[ 休診日 ] 木曜午後・日・祝祭日 ※土曜午後は13:00〜15:00迄

完全予約制19時まで受付駐車場6台高松ゆめタウンより車で5分

ー完全予約制ー

K.styleへのご予約は

TEL. 087-867-5311

ーお問い合わせフォームー

K.styleへお気軽にご相談ください

ENTER
不妊・婦人科疾患で
お悩みの方へ
交通事故で
お悩みの方へ