2017.08.07

腰椎椎間板ヘルニア

整形外科疾患&その他

腰椎椎間板ヘルニアとは人間の背骨の腰椎

と呼ばれる部分の骨と骨の間にある

軟骨組織が突出する(飛び出る)疾患です。

病院でレントゲンやMRIを撮影して

診断されます。

この腰椎椎間板ヘルニアの好発部位

(発症しやすい場所)は

第4腰椎と第5腰椎の間、

第5腰椎と仙骨の間になります。

762548

本来椎間板は、上下方向の圧には

耐えれるようになっていますが、

上下方向に加え回旋(捻じれ)の

力が加わることで突出します。

この突出した部分が神経等を刺激し

痛みやしびれを発すると一般的には

考えられております。

そして、圧迫が起きている場所により症状が

出現する場所が変わってきます。

全体的な症状は、腰部の痛みや足のしびれ、

放散痛、足の筋力低下、スリッパやサンダル

を履いていてよく脱げる、平坦なところでよ

くつまづく、ひどいと排尿、排便障害が

起こります。

これらの症状は主に一側性に起こります。

また、どの症状が出るかは千差万別です。

患者さん一人ひとり違います。

af97d9cd25b11547301e359dd1a750ff_s

この腰椎ヘルニアは病院ではリハビリや、

投薬、コルセット、などの対応になり、

歩行障害や排尿・排便障害、激しい痛みの

場合は手術を行うようになります。

しかし、手術を行った方でも術後症状が

残る方は結構います。

手術を受けていても再発する人も

少なくありません。

なぜ、症状が消えないのでしょう?

病院で考えられている原因の椎間板の

突出部分を取り除いたのに

症状が残るのはなぜでしょう?

理由はその神経が直接圧迫を受けていても

症状には関係のないことだからです。

例えば圧迫により症状が出るのであれば、

椅子に座るとどの人でも

足が痺れるはずです。

また、無症状でもレントゲンを撮ってみたら

ヘルニアになっている方もいます。

加茂 淳医師も言っているように

椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄が

痛みや痺れの原因ではなく、

筋肉の痙攣によるものや先日京都大学が

発表した酸素の不足により痛み、痺れを

引き起こします。

加茂医師のHP http://www.tvk.ne.jp/~junkamo/

京都大学の研究 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2015/160317_1.html

 

上記のような原因が考えられるので、

手術は極力控え根本の部分からの改善が

必要になります。

まずは、体の奥深くの大腰筋を呼ばれる

筋肉の緊張をとり大腰筋の前面に下肢に

向かう血管の循環や腰椎のカーブを戻し、

頚椎や胸椎の歪みを戻します。

その結果脳の血流を戻し、自律神経の働きや

脳の機能を正常化させます。

これらの結果症状を消失させ

痛み(痺れ)のない生活を送れるように

なります。

 

ヘルニアの痛み、痺れでお困りの方は

当院までお問い合わせください。

当院と一緒に症状を改善していきましょう!

 

 

 

 

 

 

 

赤ちゃんからマタニティ・高齢者の方までどんな方でもお気軽にK.styleにご相談ください。INFORMATION

〒761-8073
香川県高松市太田下町1962番地11
Kstyle[いわき整骨院併設]

受付時間
午前  8:30〜12:00
午後  15:00〜19:00 × ◯※

[ 休診日 ] 木曜午後・日・祝祭日 ※土曜午後は13:00〜15:00迄

完全予約制19時まで受付駐車場6台高松ゆめタウンより車で5分

ー完全予約制ー

K.styleへのご予約は

TEL. 087-867-5311

ーお問い合わせフォームー

K.styleへお気軽にご相談ください

ENTER
不妊・婦人科疾患で
お悩みの方へ
交通事故で
お悩みの方へ