2017.08.16

感情と内臓と腰痛

整形外科疾患&その他

皆さん

「東洋医学」

というものをご存知ですか?

太極図

TVのCMや番組、病院での漢方薬などで

耳にすることはありますが、

詳しくはわからないという方が

多いと思います。

東洋医学の世界では五行説(五行論)

というものがあります。

簡単に説明すると、

多くの事柄は五つに分類できます。

466286

 

五臓六腑がこれに当てはまります。

肝・心・脾・肺・腎・(心包)

胆・小腸・胃・大腸・膀胱・(三焦)です。

523097

 

それ以外には、

 

五季「春・夏・長夏・秋・冬」

五方「東・南・中央・西・北」

五志「怒・喜、笑・思、考・悲、憂・恐、驚」

 

などがあります。

 

腰は「腎の府」と言われており、

腎と腰部又は脊柱との関連が深いと

考えられています。

腰は腎臓と関連しておりますので、

冬に腰痛が多く出ます。

そして、この五志も五臓に様々な影響を

与えます。

 

例えば、何か悲しいことがあったとします。

そうすると人間、食欲はどうなりますか?

悲しんで、考え込むので五臓での脾と肺に

影響を与えます。

脾とは東洋医学では消化器のこと指しており、

肺は大腸と表裏関係(兄弟みたいなもの)

にあるため消化機能を低下させます。

 

恐れるようなことや驚くようなことが続くと

腎に影響を与えます。

過度な恐怖により腎の気(エネルギー)

低下し、腎虚という状態になります。

虚というのは不足している状態のことで、

気(エネルギー)は陰と陽がありますので、

それぞれが不足することで、

腎陽虚証と腎陰虚証に分かれます。

その結果腰痛が引き起こされます。

523183

 

感情をため込みすぎると腎以外の臓腑でも

体に不調が出ますので、

感情をため込み過ぎないようにしましょう。

 

またこのため込んだ感情は

整体で抜くことが出来ますので、

慢性的な腰痛でお悩みの方、

どこへ行っても良くならない方は

当院へご相談ください。

 

 

 

 

赤ちゃんからマタニティ・高齢者の方までどんな方でもお気軽にK.styleにご相談ください。INFORMATION

〒761-8073
香川県高松市太田下町1962番地11
Kstyle[いわき整骨院併設]

受付時間
午前  8:30〜12:00
午後  15:00〜19:00 × ◯※

[ 休診日 ] 木曜午後・日・祝祭日 ※土曜午後は13:00〜15:00迄

完全予約制19時まで受付駐車場6台高松ゆめタウンより車で5分

ー完全予約制ー

K.styleへのご予約は

TEL. 087-867-5311

ーお問い合わせフォームー

K.styleへお気軽にご相談ください

ENTER
不妊・婦人科疾患で
お悩みの方へ
交通事故で
お悩みの方へ