2017.08.25

この時期に多い症状

自律神経失調症

この時期、胃腸症状や自律神経症状の

『夏バテ』が増えてきます。

 

どちらもTVなどのメディアで

取り上げられることが多いものですが、

これらを東洋医学的な部分を交えて

説明します。

3892dc643c2aba6cb5fb4ad48871bae0_s

皆さん土用という言葉を

聞いたことがありますよね?

有名なのは『土用の丑の日』に鰻を食べる

習慣ですよね。

土用というのは季節の変わり目のことを意味

します。

土用は一年で4回あり

それぞれ季節の変わり目になります。

立春、立夏、立秋、立冬の直前18日間を

指します。

また、季節と季節の変わり目の

混沌とした時期を示します。

4f7702f0323c11fa5179f665732a73b0_s

東洋医学では五行論というものが存在すると

いうことを以前紹介しましたが、

その五行論で

『五季』

というものがあります。

五季とは

「春・夏・長夏・秋・冬」

のことです。

この「春・夏・秋・冬」はそれぞれ四季にな

り一般的ですが、「長夏」というものは聞い

たことがない方がほとんどだと思います。

この五行論自体中国が発祥になり、

中国には夏と秋の間に日本でいう

梅雨のようなものがありました。

それが長夏と呼ばれるものです。

そのため日本でも梅雨のことを長夏とする人

もいます。

ただし、その場合は順番が

「春・長夏・夏・秋・冬」

『木・土・火・金・水』

とおかしなことになりますが、

元は中国の考えなのでそこは向こうの順番に

合わせるようになります。

しかし、それ以外に長夏というものを

季節の変わり目の土用とする方もいます。

長夏というのは木に属しており、

『脾』に関係がみられます。

『脾』というのは西洋医学での脾臓とは

少し違い、飲食物の運搬消化作用、

血を統轄し、肌肉・四肢・口唇に

関係します。

その『脾』の機能が長夏(土用)に

低下しやすくなります。

この時期は暑さもあって、

冷たい物や刺激物、

栄養価(バランス)の低いものを

摂取しやすくなります。

その結果、だるさ、消化機能の低下が

起こります。

『脾』は水穀の気というものを腎に

送っております。

553305

脾が低下することで腎の機能も低下します。

腎臓には副腎というものがついており、

その腎の機能が低下することで

この副腎も低下します。

副腎とはホルモンを生成しており、

代表的なものは

アドレナリン、ノルアドレナリン

などがあります。

そして、多種のステロイドホルモンも

生成しております。

ステロイドホルモンの分泌が下がると

アトピー性皮膚炎や乾癬、アレルギー疾患の

方は症状が悪化します。

また、コルチコイド系のホルモンは

栄養に関係します。

アドレナリン、ノルアドレナリンは

自律神経に関係してきます。

343252

これらの結果、自律神経機能や胃腸症状が

起きやすくなります。

(もちろんエアコンでの室内・外の温度差、

栄養関係なども影響を与えます。)

それ以外にも背部の痛みや肩こりの悪化も

この現象が影響します。

 

そこで、整体により体外からの微弱な刺激や

波動で脾の機能、副腎機能や胃腸の働きを

改善(高め)します。

ホルモンバランスやストレスも調整します。

 

これから増える『夏バテ』でお悩みの方は

体内の環境を整体で解消していきましょう!

1392d83442d42b13e73afa990d6cf10e_s

赤ちゃんからマタニティ・高齢者の方までどんな方でもお気軽にK.styleにご相談ください。INFORMATION

〒761-8073
香川県高松市太田下町1962番地11
Kstyle[いわき整骨院併設]

受付時間
午前  8:30〜12:00
午後  15:00〜19:00 × ◯※

[ 休診日 ] 木曜午後・日・祝祭日 ※土曜午後は13:00〜15:00迄

完全予約制19時まで受付駐車場6台高松ゆめタウンより車で5分

ー完全予約制ー

K.styleへのご予約は

TEL. 087-867-5311

ーお問い合わせフォームー

K.styleへお気軽にご相談ください

ENTER
不妊・婦人科疾患で
お悩みの方へ
交通事故で
お悩みの方へ