2017.10.16

感情と症状のまとめ(東洋医学ver.腎編)

アトピー&乾癬&自己免疫疾患

この感情と症状について

いよいよ最後になりました。

最後は『腎』です。

828833

以前腰痛との関連を説明しましたが、

今回はそれ以外の症状を紹介します。

まず、『腎』と関係する感情は「恐・驚」

です。

e023c522d87d65349cfc11f7933db5a9_s

この恐れや驚きは動揺を招き気を乱します。

その気の乱れによって

『腎』の働きを低下させます。

また、逆に腎の機能が低下していると

ちょっとしたことで驚きやすく、

恐怖感を抱きやすくなります。

 

次に『腎』の機能は、

・精気を蔵している

・骨髄、脳髄を管理

・命門の火を保持

・耳と二陰(大小便)に連結している

・体液などの水液を調節

・気を調節している

・尿の生成

・奇恒の府

(脳、髄、骨、脈、胆、女子胞→子宮)に関係

 

また表裏関係(兄弟)の膀胱では

津液というものを蔵しています。

553305

 

~症状~

 

精気の低下

・不妊症

・発育不良

・精液の減少

・遺精

 

脳・骨髄

・めまい

・健忘

・歯が緩む

・動作緩慢

 

命門

・五更泄瀉(夜明け前の下痢)

・陰萎(ED)

・早漏

・冷え性

耳・二陰

・耳鳴り

・難聴

・大小便の異常

 

水液

・浮腫(むくみ)

 

気の調整

・喘息

・呼吸困難

 

奇恒の腑

・発育不良

・めまい

・耳鳴り

・全身倦怠感

・脈拍異常

・生理不順

 

膀胱

・排尿困難

・頻尿

・失禁

・遺尿

以上の症状が『腎』の機能低下により

みられます。

上記には記載していませんが、薄毛白髪腰痛等も

この『腎』に関連します。

 

『腎』は生殖関係にも影響を与えておりますの

で、不妊症とも深い関係があります。

 

また、女子胞(子宮)との関連で生理関係や

妊娠時の不調にも関係します。

043a9c6d5a04380d93413198943b9c92_s

水分代謝などに関係しますので、

冷えに影響を受けやすくこれから寒くなると

不調をさらにきたしやすいので、

上記の症状がみられる方は

早めの対処をおススメします!

赤ちゃんからマタニティ・高齢者の方までどんな方でもお気軽にK.styleにご相談ください。INFORMATION

〒761-8073
香川県高松市太田下町1962番地11
Kstyle[いわき整骨院併設]

受付時間
午前  8:30〜12:00
午後  15:00〜19:00 × ◯※

[ 休診日 ] 木曜午後・日・祝祭日 ※土曜午後は13:00〜15:00迄

完全予約制19時まで受付駐車場6台高松ゆめタウンより車で5分

ー完全予約制ー

K.styleへのご予約は

TEL. 087-867-5311

ーお問い合わせフォームー

K.styleへお気軽にご相談ください

ENTER
不妊・婦人科疾患で
お悩みの方へ
交通事故で
お悩みの方へ