2017.11.20

ポイントはふくらはぎ!?簡単に解決できる運動後のめまいと頭痛

スポーツ障害

激しい運動をした直後に、めまいや頭痛

を経験したことはありませんか?

 

スポーツの現場できついトレーニングを

行っていると、走り終えた直後にめまいや

頭痛を訴え、酷い場合は倒れてしまう

選手も現れます。

 

%e9%a0%ad%e7%97%9b

 

 

 

 

 

 

 

「なぜ、めまいや頭痛が起こるのか。」

「どうすれば防ぐことができるのか。」

 

誰にでもできる、簡単な方法を紹介します。

 

運動後のめまいや頭痛が起こる原因

原因は一つではありませんが、多くの場合は

脳の酸欠によって引き起こされていると

考えています。

 

激しい運動中は、呼吸が浅くなります。

集中すると、無意識に呼吸を忘れることも

あります。

 

酸素を十分に取り込めず、脳に酸素が

行きわたらなくなります。

その結果、めまいや頭痛が起こります。

%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%8b%e3%83%b3%e3%82%b0

 

 

 

 

 

 

 

・めまいや頭痛を防ぐ方法

とても簡単な方法で、症状を防ぐことが

できます。それは止まらず歩く

 

運動直後に止まらず、しばらく歩き続ける

ことで、症状を未然に防ぐことができます。

 

全身の血液は、心臓のポンプ作用によって

循環しています。

 

立った状態では、重力に逆らいながら

心臓に血液が戻ってくることになります。

 

激しい運動をすると、血液の濃度が高くなり、

循環が悪くなります。

 

より重力に逆らって

心臓に戻ることが難しくなってしまいます。

それを解決するのが、『歩くことです。

 

ふくらはぎは、第二の心臓と呼ばれて

います。ふくらはぎが収縮・弛緩を繰り返す

ことで、血液が心臓へ送られます。

 

この筋肉の働きを

『ミルキングアクション』

と言います。

 

ミルキングアクションで、

重力で戻りにくくなった血液を心臓に

返しています。

 

止まらず歩くことでミルキングアクションを

起こして循環を確保し、めまいや頭痛を防ぐ

ことができます。

 

激しい運動の後は、徐々に運動強度を下げ、

止まらず安静状態に戻しましょう。

%e6%ad%a9%e3%81%8d

 

 

 

 

 

 

 


Writer(発行者)

自律神経専門整体K-style

いわき整骨院

 

藤田 恭介

%e5%9b%b3%ef%bc%92

 

 

 

 

 

 

 

 

【Web site】

オフィシャルサイト

トップページはコチラ

 

Facebookページはコチラ

 

ご予約・ご相談・お問合せはコチラ

【Previous Article(前回の記事)】

寒暖差疲労ってなに!?

自宅で簡単にできる「温活」のススメ

 

赤ちゃんからマタニティ・高齢者の方までどんな方でもお気軽にK.styleにご相談ください。INFORMATION

〒761-8073
香川県高松市太田下町1962番地11
Kstyle[いわき整骨院併設]

受付時間
午前  8:30〜12:00
午後  15:00〜19:00 × ◯※

[ 休診日 ] 木曜午後・日・祝祭日 ※土曜午後は13:00〜15:00迄

完全予約制19時まで受付駐車場6台高松ゆめタウンより車で5分

ー完全予約制ー

K.styleへのご予約は

TEL. 087-867-5311

ーお問い合わせフォームー

K.styleへお気軽にご相談ください

ENTER
不妊・婦人科疾患で
お悩みの方へ
交通事故で
お悩みの方へ