2017.12.15

某有名インナーでアレルギー!?意外と多い化学繊維アレルギーとアトピーとの関連

アトピー&乾癬&自己免疫疾患

寒さが増し風邪などを

引かれている方はいませんか?

 

気温もだいぶ下がり

雪が降ることもありました。

 

寒くなると厚着をする方もいれば、

最近よくみられる発熱する繊維で出来た

服を着る方もいると思います。

 

今回はその防寒インナー(下着)について

注意点をお伝えします。

 

なぜこの防寒インナーを

お伝えするかというとこれにより

痒みや蕁麻疹などアレルギー症状を

発症する方がいます。

ll

 

o

 

また、これによりアトピー性皮膚炎や乾癬

を悪化させる方もいます。

 

なぜ、この防寒インナーにより

症状が出るかというと、

防寒インナーの繊維の素材を

見てください。

 

まずU社

アクリル40%、ポリエステル35%、

レーヨン20%、ポリウレタン5%

(旧モデル)

 

レーヨン34%、ポリエステル33%、

アクリル28%、ポリウレタン5%

(2017年モデル)

次にG社

ポリエステル62%・レーヨン33%・

ポリウレタン5%

S社

レーヨン65%ポリエステル28%

ポリウレタン7%

I社

アクリル50%、綿45%、ポリウレタン5%

M社

綿,47%,アクリル,28%,レーヨン,19%,

ポリウレタン,6%

綿,90%,ウール,10%

 

上記は各社のネット販売のページの

素材の欄のコピーです。

 

各社とも素材の配合は違いますが

ほぼ化学繊維を使用しております。

 

そして、この防寒インナーの化学繊維は

『吸湿発熱繊維』と呼ばれます。

 

02_spx500

 

ここで、発熱が起きるメカニズムを

簡単に説明します。

 

体から発生した水蒸気が

水に代わるときに熱が生まれ

それが暖かさを発します。

 

(水が気化するときに

熱を奪うの反対になります)

 

この現象では一つ大きな問題があります。

 

アレルギー体質などの方で肌が弱い方は、

肌の水分(潤い)を奪われて

乾燥肌が起こります。

 

atopy

 

元々乾燥肌の方はより一層乾燥します。

体から出る水蒸気(発汗)は皮膚の水分を

保つ働きもあります。

 

アトピー性皮膚炎など

皮膚のアレルギー症状が出る方には

もともと汗もかきにくい方がいます。

 

皮膚の潤いを奪って乾燥することで

皮膚の状態が悪化します。

 

皮膚の症状がない方でも、

皮膚の乾燥を引き起こしてしまうので

その対策としていろんな化学物質などが

含まれます。

 

product_img06

 

化学物質や化学繊維の影響で

かゆみや蕁麻疹の原因になるケースも

見られます。

 

もし、寒さが増し防寒インナーを着る時期に

痒みや蕁麻疹などのアレルギー症状や

アトピー性皮膚炎や乾癬が悪化する方が

いましたら、一度違う素材も

試してみてください。

Writer(発行者)

自律神経専門整体K-style

いわき整骨院

佐藤 敬弘

【Web site】

オフィシャルサイト

トップページはコチラ

 

Facebookページはコチラ

 

ご予約・ご相談・お問合せはコチラ

【Previous Article(前回の記事)】

常識を覆す!?

スポーツで怪我をした時の為の

ホントの応急処置!

 

赤ちゃんからマタニティ・高齢者の方までどんな方でもお気軽にK.styleにご相談ください。INFORMATION

〒761-8073
香川県高松市太田下町1962番地11
Kstyle[いわき整骨院併設]

受付時間
午前  8:30〜12:00
午後  15:00〜19:00 × ◯※

[ 休診日 ] 木曜午後・日・祝祭日 ※土曜午後は13:00〜15:00迄

完全予約制19時まで受付駐車場6台高松ゆめタウンより車で5分

ー完全予約制ー

K.styleへのご予約は

TEL. 087-867-5311

ーお問い合わせフォームー

K.styleへお気軽にご相談ください

ENTER
不妊・婦人科疾患で
お悩みの方へ
交通事故で
お悩みの方へ