2018.02.23

春のメンタルトラブルと8つの対策

メンタル疾患

まだ寒さが残りますが、

もう少しで3月になります。

 

今回は春にも起こりやすい

メンタルトラブルについて紹介します。

7171867273b37059d53dcf35f08b6a8d_s

 

一般的には冬が一番メンタルのトラブルが

起こりやすいといわれております。

 

内的な要因は様々ですが、

外的な要因は日照時間の影響が考えられます。

 

人間に必要な栄養素のビタミンDというのは

食事で摂取している量より、

太陽の光を浴びて体内で合成される量の方が

多くなります。

8122fb816af2d4c8cdea9eb86edc1d75_s

しかし、日照時間が短くなる影響

(寒くて室内にこもるのも含む)で

ビタミンDの不足により

 

カルシウムの吸収が減ると精神活動に

影響を及ぼします。

 

また、日照時間の影響で

『セロトニン』という物質にも影響を与えます。

 

『セロトニン』とは

別名『幸せホルモン』と呼ばれております。

 

ストレスを減らすチョコに入っている

GABAもセロトニンと同じ神経伝達物質です。

(役割は違います)

 

その分泌が減ることに内的要因(感情)が加わり

メンタルトラブルが起こりやすくなります。

 

春になると日照時間は徐々に解消されますが、

冬の間に蓄積されたその負債が残ります。

affabdf970cc04180d42472786fa570c_s

 

そして、今度は日中と夜間の気温差や

環境の変化決算や人事移動

年度末などによる仕事の忙しさ

体の臓器の問題(東洋医学的な)

などといった要因で

自律神経に影響を及ぼします

 

 

気温差が大きくなると

体温調節をしているのは

脳の視床下部と呼ばれる部分が担っており

主に自律神経を介し調節します。

 

気温差が大きくなれば

それだけ体温を調節するために

その部分にかかる負担は大きくなります。

 

仕事での忙しさは体内での老廃物の産生や

感情面でのストレス等により

体の疲労を生み出します。

 

春という季節は

肝臓という臓器が対応していると

東洋医学の世界では考えられております。

 

この春は肝がバランスを崩しやすく、

この肝の機能が低下すると

イライラしやすくなります。

 

また、肝は自律神経にも関連すると考えられ、

働きを崩すことで影響を及ぼします。

 

(ちなみに冬は腎が対応しているので

働きの低下で不安や恐れの感情が出やすい)

794345

この3月頃に起きやすいトラブル以外にも

ゴールデンウィーク明けに出やすい

『五月病』というものもあるので

対策を今からしておく方がいいです。

 

 

対策①

朝、起床後に少なくとも

10分は太陽の光を浴びてください。

 

体の体内時計をリセットさせます。

ストレスが多い人ほど体内時計が乱れています。

 

 

対策②

デスクワークの方は日中にも太陽の光に

当たってください。

(これは長い方がいいです)

 

皮膚に太陽光を当ててビタミンDの合成や

セロトニンを活性化させます。

 

 

対策③

東洋医学的では肝は酸味のあるものを好むので、

酸味のあるものを補給し機能を回復させます。

(イチゴ、リンゴ、梅、レモンなど)

 

酸味以外では、

機能が低下している臓器と同じものを

食べると良いと昔の人は考えていました。

(レバーなど)

 

色では肝は赤色に属するので

色が赤い食べ物でも可。

 

 

対策④

就寝時は出来るだけ快眠できる室温や

布団内の温度になるように掛布団などで

調節してください。

 

汗をかいたり、寒いと寝ているときにも

自律神経を働かせて疲れさせてしまいます。

(室温は18~26℃くらい)

↑冬と夏があるので幅があります。

 

 

対策⑤

入浴はぬるめの温度でゆっくり浸かり

日中緊張していた交感神経を

落ち着かせてください。

 

 

対策⑥

体内のセロトニンを増やすために

バランスよく食事をとってください。

 

たんぱく質の中にセロトニンの材料が

含まれており腸で吸収されます。

 

たんぱく質の摂取はもちろん腸内環境を

整えることで効率よく吸収されます。

 

 

対策⑦

有酸素運動(ウォーキング、水泳、自転車等)

をすることで体内のストレスが減少します。

(目安は20~30分くらい

続けられるキツさで10分以上)

 

ウォーキングや自転車は屋外ですることが

多いので太陽の光を浴びる機会にもなります。

879794783f896d69ef6efc275c679bb8_s

対策⑧

当院での自律神経の調整を受ける!

 

 

以上が実行しやすい対策になりますので、

トラブルが起こりやすい

この時期を乗り越えて、

快適に過ごしましょう。

Writer(発行者)

自律神経専門整体K-style

いわき整骨院

佐藤 敬弘

【Web site】

オフィシャルサイト

トップページはコチラ

Facebookページはコチラ

ご予約・ご相談・お問合せはコチラ

【Previous Article(前回の記事)】

風邪シーズン到来!

意外と知らない○○不足で免疫低下!?

 

赤ちゃんからマタニティ・高齢者の方までどんな方でもお気軽にK.styleにご相談ください。INFORMATION

〒761-8073
香川県高松市太田下町1962番地11
Kstyle[いわき整骨院併設]

受付時間
午前  8:30〜12:00
午後  15:00〜19:00 × ◯※

[ 休診日 ] 木曜午後・日・祝祭日 ※土曜午後は13:00〜15:00迄

完全予約制19時まで受付駐車場6台高松ゆめタウンより車で5分

ー完全予約制ー

K.styleへのご予約は

TEL. 087-867-5311

ーお問い合わせフォームー

K.styleへお気軽にご相談ください

ENTER
不妊・婦人科疾患で
お悩みの方へ
交通事故で
お悩みの方へ