2018.04.06

【女性必見!】日差しが強くなるこれからに知っておくべき紫外線知識と対策

アトピー&乾癬&自己免疫疾患

暖かい日が増え、

過ごしやすくなってきました。

 

太陽の日差しも以前より強くなっています。

 

日差しがきつくなると、

紫外線の量も増えます。

 

459bc73d05522456c1b9838896edd7e8_s

 

これからの季節、紫外線対策をされる方が

増えると思いますので、

今回はその紫外線について紹介します。

【デメリットばかりではない!?紫外線の実は…】

まず、最初に大切なことですが、

紫外線は体にデメリットばかりでは

ありません。

 

紫外線を浴びていないと体の血色が

悪くなったり、子供の成長障害、

風邪を引きやすくなる

といった事が起こります。

 

また、不足により精神的または肉体的に

不安定にもなりやすいです。

 

紫外線は皮膚に届くことで、

皮下でビタミンDを前駆物質から

生成します。

 

それ以外にも、

皮膚表面の殺菌作用もあります。

これらのメリットがあることを

まずは念頭においてください。

【日焼け止め選びは慎重に!】

次にデメリットである、肌のシミ・しわ・

日焼けによる肌が黒くなることについて

紹介します。

 

9f0fb5168b0c267ba4bca9482d5f1ed7_s

 

紫外線には大きく分けると

3つの種類に分けられます。

 

UVA

UVB

UVC

です。

 

この中で問題なのは、

UVAUVBになります。

 

UVCは皮膚に対して

有害な作用が強くありますが、

基本的には地表に届くことは

ほとんどありません。

 

UVAは肌を黒くさせるメラノサイトを

活発化させ、皮膚の老化を促進させます。

 

UVBは皮膚を赤くさせるような作用があり、

・コラーゲン

・エラスチン

にダメージを与えます。

 

しかし、ビタミンDを生成するのも

このUVBになります。

 

このUVAとUVBの肌への影響を

減らしているものとして

日焼け止めがあります。

 

4190992daab245eba7def11d800b6ff3_s

 

日焼け止めには

現在いろいろな商品が出ております。

様々な商品が出ておりますので、

商品選びは慎重に行ってください。

 

水とかで落ちにくいクリーム状のもの

皮膚に低刺激のもの

(刺激性の成分が入っていない)

 

皮膚に塗ったときに不快感を

受けないものが良いです。

 

 

 

また、日焼け止めのCMでも聞くことがある

・SPF値

・PA値

も日焼け止めを選ぶ時の基準になります。

 

SPF値とは、

サンスクリーン剤(紫外線吸収剤)を

使用することで何もしていない場合の何倍量

の紫外線を防御できるかを示したものに

なります。

 

簡単に言うと、

SPF3だと何も塗っていない場合に比べ、

3倍長く日光に当たっても同程度の日焼けに

なるという意味です。

 

最近はSPF50というのが多いですが、

場面に応じて選択する方が良いです。

 

屋外での活動時間が長いのであれば

SPFは高い方が良いですが、

普段の生活ではそこまで高くなくても

十分です。

 

PA値とは、

UVAに対する防御指数のことです。

(SPA値はUVBに対しての防御値)

 

・PA値8以上(+++)は

UVA防止効果が非常にある

 

・PA値4~8(++)は

UVA防止効果がかなりある

 

・PA値2~4(+)は

UVA防止効果がある

 

という意味です。

 

日焼け止めは汗などで落ちやすいので、

時々塗りなおすことが必要です。

【紫外線に負けない身体づくり】

次に紫外線に負けない体を作る栄養として

・たんぱく質

・ビタミンB群

・ビタミンC

をしっかり摂ることが必要です。

 

紫外線により荒れた皮膚を修復させる作用や

メラニン増加を予防させる働きがあります。

 

紫外線は体にはデメリットだけではなく

メリットも充分ありますので、

ケアや対策を行えば危ない物ではないので

上手く付き合うことが重要です。

Writer(発行者)

自律神経専門整体K-style

いわき整骨院

佐藤 敬弘

【Web site】

オフィシャルサイト

トップページはコチラ

Facebookページはコチラ

ご予約・ご相談・お問合せはコチラ

【Previous Article(前回の記事)】

もしもの時の備え!

弁護士特約3つのメリット!

赤ちゃんからマタニティ・高齢者の方までどんな方でもお気軽にK.styleにご相談ください。INFORMATION

〒761-8073
香川県高松市太田下町1962番地11
Kstyle[いわき整骨院併設]

受付時間
午前  8:30〜12:00
午後  15:00〜19:00 × ◯※

[ 休診日 ] 木曜午後・日・祝祭日 ※土曜午後は13:00〜15:00迄

完全予約制19時まで受付駐車場6台高松ゆめタウンより車で5分

ー完全予約制ー

K.styleへのご予約は

TEL. 087-867-5311

ーお問い合わせフォームー

K.styleへお気軽にご相談ください

ENTER
不妊・婦人科疾患で
お悩みの方へ
交通事故で
お悩みの方へ