Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/kstyle5311/iwakiseikotsuin.com/public_html/wp/wp-content/themes/kstyle/single-column.php on line 143

2018.06.30

クーラーとの上手な付き合い方を考える

8c69cdc9eb6a1cfd2748f06e5d74e8cd_s

 

いよいよ暑くなってきましたね。

そろそろクーラーを稼働させている家庭が

ほとんどではないでしょうか?

 

クーラーは確かに快適で、

現代には必需品の電化製品です。

 

しかし、クーラーの普及で

昔にはなかった不調が

増えているのも事実です。

 

 

 

まずはクーラーによる

身体への弊害を見ていきましょう。

 

・体温を下げる

当たり前のことですね笑

一見良いことのようですが

 

体温が下がると血管が収縮し

血流が悪くなります。

 

結果、体全体にうまく

栄養が行き渡らなくなり、

内臓の働きにも悪影響を与え、

不調を引き起こします。

 

・自律神経が乱れる

上記の通り、身体は冷えます。

すると体温を逃がさないように

血管を収縮させ血流が悪くなり、、、

以下同上。となります。

 

また、暑いところと

涼しいところを往き来するわけですから、

 

体温調整をしてくれる

自律神経はワケがわからなくなり、

 

結果それらが乱れ

不調を引き起こします。

 

・乾燥しすぎる

乾燥が続くと肌だけではなく、

粘膜まで乾燥し、

細菌やウィルスが活発化します。

 

さらに身体の免疫も低下しますから、

夏風邪を引き起こしやすくなってしまいます。

 

 

 

一部ではありますが、

以上のような不調が引き起こされます。

ではここからは対策を見ていきましょう。

 

8f6cd847749995c9f902f515f841ecd5_s

 

・クーラーとの付き合い方を考える

「クーラーを使うな」とは言いません。

うまく付き合っていきましょう。

 

例えば1日で使う時間を決めるとか、

就寝時はタイマーを活用しましょう。

 

・昔の日本を振り返る

日中であれば昔ながらの涼の取り方が一番です。

定番の簾(すだれ)と葦簀(よしず)。

この違い、わかりますか?

 

すだれは窓の上からぶら下げて使うやつです。

よしずは軒先に立てかけて使う大きなやつです。

 

どちらも日光を防いだり、

虫除けにもなります。

 

さらには風通しも良いので

日本にはピッタリです。

 

どちらも室内温度を

2℃ほど下げる効果があります。

 

ちなみにこの二つを比べると、

よしずの方が面積も広く、

涼をとる効率が良いそうです。

 

3802a36637825da1612a09ef008df5d2_s

 

他には打ち水も効果的です。

これも温度を2〜3℃ほど

下げる効果があります。

 

さらに裏技として、

打ち水をそのままよしずに掛けてやると

さらに冷涼感がアップします。

 

※プラスチック製のよしずだと

効果はありません。

 

 

 

今の時代は色々と便利になった分、

昔にはなかった弊害が生まれています。

 

もう一度過去を振り返り、

便利なものとの付き合い方を

考えたほうが健康には良さそうですね。

 

【Writer(発行者)

自律神経専門整体K-style

いわき整骨院

山下 次郎

%e5%9b%b31-279x300

【Web site】

オフィシャルサイト

トップページはコチラ

Facebookページはコチラ

ご予約・ご相談・お問合せはコチラ

【Previous Article(前回の記事)】

顔は体の状態を 映し出す鏡!?

赤ちゃんからマタニティ・高齢者の方までどんな方でもお気軽にK.styleにご相談ください。INFORMATION

〒761-8073
香川県高松市太田下町1962番地11
Kstyle[いわき整骨院併設]

受付時間
午前  8:30〜12:00
午後  15:00〜19:00 × ◯※

[ 休診日 ] 木曜午後・日・祝祭日 ※土曜午後は13:00〜15:00迄

完全予約制19時まで受付駐車場6台高松ゆめタウンより車で5分

ー完全予約制ー

K.styleへのご予約は

TEL. 087-867-5311

ーお問い合わせフォームー

K.styleへお気軽にご相談ください

ENTER
不妊・婦人科疾患で
お悩みの方へ
交通事故で
お悩みの方へ