2017.10.16

感情と症状のまとめ(東洋医学ver.腎編)

アトピー&乾癬&自己免疫疾患

この感情と症状について

いよいよ最後になりました。

最後は『腎』です。

以前腰痛との関連を説明しましたが、

今回はそれ以外の症状を紹介します。

まず、『腎』と関係する感情は「恐・驚」

です。

この恐れや驚きは動揺を招き気を乱します。

その気の乱れによって

『腎』の働きを低下させます。

また、逆に腎の機...

詳しく見る

2017.10.16

感情と症状のまとめ(東洋医学ver.肺編)

アトピー&乾癬&自己免疫疾患

今回お伝えするのは『肺』についての

感情と症状です

『肺』は東洋医学では呼吸に関係するだけでは

なく、他の働きについても含まれています。

 

主な働きは、

・肺が気(エネルギー)を調節している ・皮毛に関与し、熱を発散させて体温調節を行う ・鼻と咽頭に関与し、声帯を管理している

 

『肺』と表裏関係(兄弟)の『大腸』は、

・食べ...

詳しく見る

2017.08.29

感情と症状のまとめ(東洋医学ver.脾編)

アトピー&乾癬&自己免疫疾患

みなさんは『脾』と聞いて何を想像しますか?

東洋医学での『脾』と西洋医学での「脾臓」と

は働きが少し違います。

西洋医学での「脾臓」の働きは造血機能や

免疫機能、血球機能があります。

 

東洋医学では

・運化(飲食物の運搬消化) ・統血(血を統轄) ・気の生成(栄養素を生成し補充) ・四肢、肌肉、口唇と関係します。

 

血液...

詳しく見る

2017.08.28

感情と症状のまとめ(東洋医学ver.心・心包編)

アトピー&乾癬&自己免疫疾患

今回は五臓の『心(心包)』と

五志の『喜・笑』のことについて

説明します。

まず、関係性について説明する前に

上記にある『心包』の説明をします。

『心包』と言われてもそんな臓器聞いたことが

ないと思いますが、東洋医学の世界では

形はないが機能だけ存在しているものです。

この心包には表裏関係(兄弟)で

『三焦』というものも存在します...

詳しく見る

2017.08.26

感情と症状のまとめ(東洋医学ver.肝編)

アトピー&乾癬&自己免疫疾患

以前感情と腰痛について紹介しましたが、

今回は残りの五志と五臓六腑(六蔵六腑)の

関係性について紹介します。

 

まず五志は

『怒』 『喜・笑』 『思・慮(考)』 『悲・憂』 『恐・驚』

です。

 

そして五臓は

『肝』 『心・心包』 『脾』 『肺』 『腎』

です。

 

今回は

『怒』と『...

詳しく見る

2017.08.07

体内静電気とあらゆる症状

整形外科疾患&その他

体内静電気とは?

身体がストレスを感じると

体の中で静電気を発生させます。

当院ではストレスは3つの種類があると考えております。

1:感情

2:環境

3:肉体

の3つになります。

 

静電気と聞くと金属などを触ったときに

「バチッ」と起きる静電気を想像されると

思いますが、体内で起きる静電気は

...

詳しく見る

2017.07.21

アトピー性皮膚炎と食事の関係①

アトピー&乾癬&自己免疫疾患

アトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患は

先進国に多くみられます。

以前の日本(大昔)や発展途上の国などでは

アトピー等のアレルギー疾患の方は今ほど

いませんでした。

そこで今回は昔と今で大きく変わっている

ものとして食事が考えられますので

今回は食事についてお知らせします。

アトピーを発症している方で食事に気を

使っている方は多いと思います。詳しく見る

2017.07.04

アトピー性皮膚炎とエアコンとの関係

アトピー&乾癬&自己免疫疾患

これからの季節暑さが増しエアコンが大活躍するように

なりますね。

今年は猛暑の予想も出ているのでエアコンをつける機会も

例年より多いと思います。

アトピーを発症している方はこのエアコンで症状が悪化する

ケースも多く見られます。

 

なぜエアコンで悪化するか

 1 極度のエアコンの使用で自律神経のバランスが さらに悪化する  2 エアコンの使...

詳しく見る

2017.03.29

アトピー・小児アトピー疾患

アトピー&乾癬&自己免疫疾患

アトピー・小児アトピー疾患は

排泄障害と免疫力過剰が原因です。

 

 

アトピー治療 ビフォーアフター

アトピー性皮膚炎2つの原因

① アトピーの器質的原因

② 皮膚の生理学的異常

上記の2つの原因にストレス、アレルゲンなどの詳しく見る

2017.03.29

自己免疫疾患(膠原病)

アトピー&乾癬&自己免疫疾患

自己免疫疾患は免疫過剰ではなく免疫抑制状態である!?

自己免疫疾患は膠原病とも言われています。

細胞同士をを結びつけて臓器の強度を保つ

結合組織である全身の膠原繊維に

炎症が起こる病気です。

特定の臓器や全身に起こるものなど様々で、

その多くが原因不明の難病に指定されています。

 

自己免疫疾患の方の特徴

・色白の女性

・...

詳しく見る

赤ちゃんからマタニティ・高齢者の方までどんな方でもお気軽にK.styleにご相談ください。INFORMATION

〒761-8073
香川県高松市太田下町1962番地11
Kstyle[いわき整骨院併設]

受付時間
午前  8:30〜12:00
午後  15:00〜19:00 × ◯※

[ 休診日 ] 木曜午後・日・祝祭日 ※土曜午後は13:00〜15:00迄

完全予約制19時まで受付駐車場6台高松ゆめタウンより車で5分

ー完全予約制ー

K.styleへのご予約は

TEL. 087-867-5311

ーお問い合わせフォームー

K.styleへお気軽にご相談ください

ENTER
不妊・婦人科疾患で
お悩みの方へ
交通事故で
お悩みの方へ