Kstyle新着情報NEWS

2016.12.13

【オスグッド治療モニター募集!】

こんにちは!

 

今回は、モニター募集のお知らせです!

タイトルにある通り「オスグッド治療」のモニター募集です。

 

まず「オスグッドってなに?」という方へ

 

==============================================

オスグッド・シュラッター病(オスグッド・シュラッターびょう)は、サッカーやバスケットボールなどのスポーツをする中学生や高校生に多く見られる、膝の脛骨が出っ張って痛むという骨軟骨炎である。オスグッド・シュラッター症候群ともいう。

多くの患者は、膝の脛骨の付近の痛みや膝裏の痛みを感じる。様々なスポーツでジャンプや屈伸を行うことにより、大きな衝撃が膝(脛骨)付近に生じ、脛骨粗面付近に炎症が生じる。脛骨粗面に存在する骨端核に機械的牽引力がかかることに起因するとされる。このため10 – 15歳の活発な発育期の男子に多く発生し、運動時に症状が強く現れる。

==============================================

「はなうた横丁」 引用

 

主にスポーツ外傷として、中高生に多い症状です。

この症状でお悩みのお子さんを持つご家族も多いのではないでしょうか。

 

では、そのオスグッドを放っておくとどうなるのでしょう。

 

【オスグッドを放置すると】

 

・子供の成長に悪影響を及ぼす。

痛みが強くなると無意識のうちに患部を庇う動作が多くなります。

これがクセとなると、身体の使い方がおかしくなり、パフォーマンスの低下につながります。

 

・改善までが長くなる

症状を改善させていくにあたって、重要なのは「早期発見早期治療」です。

症状が進行すると必然的に改善までの道のりは長くなります。

 

・満足にスポーツを楽しめない

痛みを抱えながらのスポーツに一切のメリットはありません。

練習の質を落としたり、症状の悪化、他のケガの誘発など様々な危険が潜んでいます。

安全に楽しくできてこそスポーツは素晴らしいものです。

 

 

【治療や金銭面への不安】

 

「どこに行っても治らない…」

「すぐに痛みが戻ってくる…」

「何回も治療が必要なんでしょ?」

「多額のお金がかかるのはちょっと…」

 

このような悩みをお持ちのあなた

当院のオスグッド治療は基本的には3回以内で症状を改善します!

早い場合は2回以内には痛みが取れます!

痛みの戻りも少ない治療ですので何度も調整する必要はありません!

したがって、治療回数が少なくなるので金銭面でも大きな負担になりません!

 

上記のことから、患者様には安心して調整を受けていただけます。

 

【モニターについて】

〈症状〉 オスグッド

〈条件〉 ① オスグッドが改善した際の喜びの声を頂ける方

「今までどんな治療を受けてきたか」

「1~3回で改善してどう思ったか」  など

 

② ビフォーとアフターの写真や動画を撮影可能な方

(ホームページやフェイスブックで使わせていただきます。)

〈料金〉 通常 ¥7,560-/回 → ¥3,000-/回 (片足)

¥9,720-/回 → ¥6,000-/回 (両足)

※ 4回以内に改善しなければ全額返金いたします!

 

〈募集人数〉 5名 (先着順)

〈募集期間〉 5名集まり次第終了

〈申込方法〉 当ホームページの「お問い合わせ」もしくはお電話よりご連絡ください。

 

※ 条件をクリアできる方のみご連絡ください。

 

ご連絡お待ちしております。

2016.12.04

ワクチンセミナー in KAGAWA

ワクチンセミナー in KAGAWA

【ワクチンセミナー in KAGAWA

昨年12月4日

四国初となるワクチンセミナーが当協会主催によって行われました。

 

 

講師は栃木県の小児科医「本間真二郎」先生。

場所は香川県の「高松テルサ」で行い、100名ほど収容する会場は満員御礼となりました。

 

 

初めに「本間真二郎」先生のプロフィールをご紹介します。

 

 

1993年札幌医科大学を卒業。全道の中核病院・地方病院に小児科医として勤務。
2001年米国、国立衛生研究所(NIH)に留学。
専門はウイルス学・ワクチン学で主にノロウイルス、ロタウイルスの研究に携わる。
2005年帰国。
札幌医科大学新生児集中治療室(NICU)室長を経て、2009年に退職。
2009年自然派の医療を実践するために、栃木県那須烏山市に移住。
現在は、小児科医として地域に密着した医療に携わりながら、プライベートでは農的生活を送っている。
皆で米作りを、個人的には自然栽培で季節の野菜と穀物を育て、調味料を自給自足。
健康に関する講演を全国で行っている。

 

 

最近では、書籍の出版も行っています。

「病気にならない暮らし事典 ~自然派医師が実践する76の工夫~

active170425-01

 

この本は出版後、瞬く間に売り切れ

Amazonランキング健康関連本では1位獲得しました。

地元新聞や日本最大のタブロイド紙である東京スポーツ(東スポ)も

取り上げているほどの注目の書籍となっています。

 

 

さて、本題のセミナーテーマは

「ワクチンと健康的な暮らしについて」

 

 

前半は、私たちを取り巻く環境や病気が増減していった時代の流れやその背景、食事についてなど。

身近に潜む有害物質や昔流行っていた病気が衰退していった理由、

自律神経について、どんな食事が身体を育てるのか、

普段何気なく生活しているこの環境には様々な危険が存在していることを教えてくれました。

 

 

後半はワクチンについて語っていただきました。

 

主な感染症や病気が減少していった背景とその理由

ワクチンに関する法律や義務

ワクチンによってもたらされる身体への影響

ワクチンのせいだと気づかない長期副作用の恐ろしさ

感染症にかかる意味

自律神経との関連性

 

 

1つ1つに意味合いがあり、納得と感心が生まれました。

 

 

圧倒的な情報量と信憑性の高いデータを基にしたこの講演は

聴く人の心を引きつけ、圧巻の講演会となりました。

 

 

参加者からは以下の様なアンケートもいただいています。

 

 

・すごくわかりやすくて勉強になりました。

勉強せずに子供にワクチンを受けさせたこと、後悔しました。

今後は自然に沿う生活で解毒していきたいと思います。 (S.I様)

 

active170425-02

 

 

・興味があった内容を詳しく、分かり易く、教えて頂けて良かったです。

たくさんの選択肢を持つことで、かしこい消費者になる必要があるということを改めて実感しました。

健康的な暮らしのヒントを今後の生活にいかしていこうと思います。 (Y.A様)

 

active170425-03

 

このほかにもたくさんのお喜びの声をいただきました。

 

 

インターネット上では本間先生のブログやFacebookもあります。

こちらでも詳しく書かれていますのでぜひご覧ください。

 

【自然派医師のブログ】

 

【Facebook】

 

 

頭痛には頭痛薬

眠れなければ睡眠導入剤

便が出なければ便秘薬

など、まだまだ薬による対処療法が一般的な現代で

人間が本来してきた生活が消え去り、

便利になった現代こそが普通の社会、当たり前だと思っている我々を

根本から見つめなおさせてくれる大きなきっかけになったと思います。

 

 

我々は、自律神経とは切っても切れないこの環境を

「自律神経整体」という形で皆様に還元していくと共に

こうして得た知識も一緒に伝えていきたいと思っています。

 

赤ちゃんからマタニティ・高齢者の方までどんな方でもお気軽にK.styleにご相談ください。INFORMATION

〒761-8073
香川県高松市太田下町1962番地11
Kstyle[いわき整骨院併設]

受付時間
午前  8:30〜12:00
午後  15:00〜19:00 × ◯※

[ 休診日 ] 木曜午後・日・祝祭日 ※土曜午後は13:00〜15:00迄

完全予約制19時まで受付駐車場6台高松ゆめタウンより車で5分

ー完全予約制ー

K.styleへのご予約は

TEL. 087-867-5311

ーお問い合わせフォームー

K.styleへお気軽にご相談ください

ENTER
不妊・婦人科疾患で
お悩みの方へ
交通事故で
お悩みの方へ