Kstyle新着情報K.STYLE NEWS

2020.02.05

12周年キャンペーン開催!

ブログ

12周年キャンペーン開催!

本日の2/5は今から12年前に開業した

私にとって特別な日であります。

 

開業した当時は27歳の若造でした。

経営に関する財務、社会の仕組み、在庫管理の仕方、スタッフ雇用に関する事、広告など全てが初めての事で、ただただ情熱と想い、勢いでスタートしました。

 

開業当初は整骨院として健康保険の取り扱いにて保険診療をしていました。保険を取り扱う整骨院として開業したものの、2ヶ月くらいは1日に来院してくれる方が0人状態で、私の自信とプライドは失いかけました。

 

開業した27歳の時に4年間付き合った妻と結婚し、家と店の併用住居を購入。妻のお腹には長女がいて、住居と事業資金を合わせて約5000万円を27歳の時に借金しスタートした状態だったので、妻も働けず私の収入頼りでしたが、そんな中での来院数0人状態だったので、危機感は半端では無かったです。

 

軌道に乗り始めたのは約1年を経過してからでしたが、まだ生活も不安定で妻も看護師として職場復帰し、夜勤もシフトに入れていたので、幼い1歳の我が子を病院内にある保育施設に預けていました。夜に子供を預ける時に泣いてグズっていたのを昨日の事のように思い出します。私も一緒にいてあげられない申し訳なさと自分の不甲斐なさに何度も悔し涙を流しました。

 

長女は生まれつきアトピーがありましたが、きまって夜10時頃から「熱い、熱い」と体が火照り、「掻いて〜掻いて〜」とぐずります。そして、眠るまで背中を掻いてあげる状態がしばらく続き、私も妻も疲れ切っている中ストレスもピークを迎えて、家庭はギスギスした緊張感ある空気が漂い、妻は離婚をいつも考えていたようです。

 

そんな状況の中、私は技術の追求だけは怠らず、最低限の生活費を除いた売り上げのほとんどを技術セミナーに投資して、自分のスキルを磨いていました。ざっと計算しても2000万円くらいはスキルUPに投資していました。経済的にも家庭内も苦しい状況ではありましたが、技術への追求と来院してくれる方の役に立ちたいという想いだけは消えなかったのが自分でも不思議に思うくらいで、その情熱はどこから来ていたのかと振り返ると、この仕事が好きなんだろなという結論に至りました。

 

それから徐々に来院される方が増えていき、県外や海外からも来院されるようになって、自分の技術に自信を持ち、少し調子に乗りかけていた頃、次女が誕生しました。医大で詳しく診てもらって下さいと言われ、検査をすると2つの問題がありますと。1つは心室中隔欠損で心臓に穴が空いている状態。もう1つは、胆管が本来は十二指腸に繋がるはずが膵臓に繋がっている為、胆汁と膵液が混ざり、胆管に逆流して炎症を起こしている状態。いわゆる胆管拡張症。早い年齢で癌になる可能性が高くなるので手術した方が良いと言われました。

 

心室中隔欠損は1ヶ月で自然治癒しましたが、胆管拡張症は検査の度に数値が悪くなっていました。妻は「ごめんね、本当にごめんね」と次女に語りかけ、毎日泣きながら自分を責めていました。私は自分を奮い立たせ、とにかく前を向こう、受け入れて夫婦で乗り越えようと決心し妻と相談して手術をする事にしました。

次女を乗せたベッドを夫婦で手術室まで押して行く途中に、治療家として何もしてあげられない自分の不甲斐なさ、技術の無さ、女の子の体に傷が付いてしまう申し訳なさに悔し涙が止まりませんでした。手術が終わるまで祈り続けました。人は本当に追い込まれると神頼みと言うのか、自然と祈るんだなと振り返って思いました。

 

10時間に及ぶ手術を2回行い、無事成功しました。そして、出血量も非常に少なく、女の子なので傷口を最小にしてくれました。手術を担当してくれた先生とスタッフさん達の心配りに心の底から感謝しました。

 

手術は成功しましたが、やはり0歳の赤ちゃんであっても切った所は痛いのでしょう。ず〜っとか細い声で泣き続けました。妻も24時間寄り添って懸命にサポートしていました。全身に管が繋がれて母乳も飲めないので、妻はひたすら体をさすっていました。妻がさすっていると泣き止み、スヤスヤ寝ます。妻以外の私や祖母が変わってさすっても泣き止みません。そこで、母の力の偉大さに改めて気づかされました。

 

この体験が後にホームケア整体セラピーの開発へと繋がります。

長女や次女の病気が私の治療家人生のター二ングポイントになりました。頭で考えた決意ではなく、心の底から意識が変わりました。それからは赤ちゃんや小児のケア、妊産婦のケアも勉強し、赤ちゃんからご高齢の方まで全ての方に元気になってもらいたいと経験する事で心底思うようになりました。

 

治療家として10年目、開業して7年目には、個人事業主から株式会社へと法人なりし、株式会社K-style、株式会社キヅキ、一般社団法人日本自律神経整体協会の代表取締役、代表理事となり、現在日本全国で約300人の方が会員として整体やエネルギー療法を学ばれています。

 

そして、私にとって思い入れのある、一般の方でも家族を癒せるホームケア整体セラピーを全国で開催しています。

 

今日で開業して12年と言う事で、少し私の治療家人生を振り返って原点回帰してみました。

この日を迎えられたのも、来院してくれた方々、多くの方の支えがあっての事。

心より感謝とお礼を申し上げます。

 

少しばかりですが、キャンペーンにて私からのお気持ちを受け取って頂けたら幸いです。

 

いつもワクワク楽しみ、心豊かな人生でありますように・・・・・。

 

岩城 憲治

赤ちゃんからマタニティ・高齢者の方までどんな方でもお気軽にK.styleにご相談ください。INFORMATION

〒761-8073
香川県高松市太田下町1962番地11
Kstyle[いわき整骨院併設]

受付時間
午前  9:30〜12:00 ×
午後  16:00〜19:00 × ×

[ 休診日 ] 木曜・日祝祭日 ※土曜は午前のみ(9:30~12:00)

完全予約制19時まで受付駐車場6台高松ゆめタウンより車で5分

ー完全予約制ー

K.styleへのご予約は

TEL. 087-867-5311

ーお問い合わせフォームー

K.styleへお気軽にご相談ください

ENTER
不妊・婦人科疾患で
お悩みの方へ
交通事故で
お悩みの方へ