2018.12.26

なかなか止まらない咳

自律神経失調症

女性の患者様で主訴が咳の方の

症例報告です。

その他の症状は

・肩コリ

・腰痛

・末端の冷え

・目の疲れ

等でした。

主訴の咳は長く続き、

以前も同様の咳が出ておりました。

特に、就寝前に出ることが

多くみられていました。

まず、検査では感情のストレスを調整し、

肉体のストレスを調整しました。

喉の気道も自律神経の支配を受けており、

交感神経が優位になると気道が拡張し、

副交感神経が優位になると気道が収縮します。

ストレスを受けているとこのバランスが乱れ、

咳も出やすくなります。

(似たようなものでは

梅核気というものもあります。)

また、特に乾燥が強くなると

咽の粘膜も乾燥し、異物に対して

反応もしやすくなります。

(皮膚が乾燥しているとちょっとした刺激で

痒みが出るようなイメージ)

感情や肉体の調整を行い

自宅ケアを行ってもらった結果、

咳の症状はすぐに治まりました。

風邪などの感染症ではない咳で

なかなかよくならない方は

一度当院へお問い合わせください。

 

赤ちゃんからマタニティ・高齢者の方までどんな方でもお気軽にK.styleにご相談ください。INFORMATION

〒761-8073
香川県高松市太田下町1962番地11
Kstyle[いわき整骨院併設]

受付時間
午前  8:30〜12:00
午後  15:00〜19:00 × ◯※

[ 休診日 ] 木曜午後・日・祝祭日 ※土曜午後は13:00〜15:00迄

完全予約制19時まで受付駐車場6台高松ゆめタウンより車で5分

ー完全予約制ー

K.styleへのご予約は

TEL. 087-867-5311

ーお問い合わせフォームー

K.styleへお気軽にご相談ください

ENTER
不妊・婦人科疾患で
お悩みの方へ
交通事故で
お悩みの方へ