2017.08.28

感情と症状のまとめ(東洋医学ver.心・心包編)

アトピー&乾癬&自己免疫疾患

今回は五臓の『心(心包)』と


五志の『喜・笑』のことについて


説明します。



まず、関係性について説明する前に


上記にある『心包』の説明をします。


『心包』と言われてもそんな臓器聞いたことが


ないと思いますが、東洋医学の世界では


形はないが機能だけ存在しているものです。


この心包には表裏関係(兄弟)で


『三焦』というものも存在します。


『心包』の機能とは精神的なもので


脳や中枢神経系と深い関係があります。


気...

詳しく見る

2017.08.26

感情と症状のまとめ(東洋医学ver.肝編)

アトピー&乾癬&自己免疫疾患

以前感情と腰痛について紹介しましたが、


今回は残りの五志と五臓六腑(六蔵六腑)の


関係性について紹介します。


 


まず五志は


『怒』
『喜・笑』
『思・慮(考)』
『悲・憂』
『恐・驚』

です。


 


そして五臓は


『肝』
『心・心包』
『脾』
『肺』
『腎』

です。


 


今回は


『怒』と『肝』


の関係性について紹介します。



肝の不調により気が上昇し


...

詳しく見る

2017.08.25

この時期に多い症状

自律神経失調症

この時期、胃腸症状や自律神経症状の


『夏バテ』が増えてきます。


 


どちらもTVなどのメディアで


取り上げられることが多いものですが、


これらを東洋医学的な部分を交えて


説明します。



皆さん土用という言葉を


聞いたことがありますよね?


有名なのは『土用の丑の日』に鰻を食べる


習慣ですよね。


土用というのは季節の変わり目のことを意味


します。


土用は一年で4回あり


それぞ...

詳しく見る

2017.08.16

感情と内臓と腰痛

整形外科疾患&その他

皆さん


「東洋医学」

というものをご存知ですか?



TVのCMや番組、病院での漢方薬などで


耳にすることはありますが、


詳しくはわからないという方が


多いと思います。


東洋医学の世界では五行説(五行論)


というものがあります。


簡単に説明すると、


多くの事柄は五つに分類できます。



 


五臓六腑がこれに当てはまります。


肝・心・脾・肺・腎・(心包)と


胆・小腸・胃・大腸・...

詳しく見る

2017.08.09

腰部脊柱管狭窄症

整形外科疾患&その他

脊柱管狭窄症は脊柱(背骨)の中を


通っている脊髄が黄色靱帯などの軟部組織が


硬化、肥厚,変形し症状を引き起こします。



この疾患では腰痛は


あまり強く起こりません。


ただし、特徴的な足への症状が


強く起こります。


10分、15分くらい歩くと


足に痺れや痛み、だるさが起こり


それ以上歩くことが難しくなります。


(間欠性跛行)


 


また、体を反ると痛みや症状が出やすくなり


逆に体を前に屈め...

詳しく見る
1...89101112...20...26

赤ちゃんからマタニティ・高齢者の方までどんな方でもお気軽にK.styleにご相談ください。INFORMATION

〒761-8073
香川県高松市太田下町1962番地11
Kstyle[いわき整骨院併設]

受付時間
午前  8:30〜12:00
午後  15:00〜19:00 × ◯※

[ 休診日 ] 木曜午後・日・祝祭日 ※土曜午後は13:00〜15:00迄

完全予約制19時まで受付駐車場6台高松ゆめタウンより車で5分

ー完全予約制ー

K.styleへのご予約は

TEL. 087-867-5311

ーお問い合わせフォームー

K.styleへお気軽にご相談ください

ENTER
不妊・婦人科疾患で
お悩みの方へ
交通事故で
お悩みの方へ