2017.05.17

『睡眠』と『自律神経』と

自律神経失調症

 

体の不調を訴えて来院される患者さんの多くが

『寝付きが悪い』

『夜中に目が覚める』

と言われます。

頭痛が酷くて来た方や、

肩こり・腰痛がひどくて来た方。

主訴は違いますが、多くの方は不眠症状があります。

日本人の5人に1人は不眠症状があるそうです。

今回はそれについてお伝えしましょう。

 

自律神経は

交感神経 と 副交感神経

に分かれます。

 

交感神経は主に

日中に働く活動モードの神経

 

副交感神経は主に

夜間に働く休息モードの神経。

 

不眠症状の多くはこの神経のバランスが

うまく行ってないことが多いのです。

さぁ寝るぞ!と気持ちは休息モードですが、

実際の体は交感神経優位の活動モード。

それでは眠れませんし、

眠れても疲れは取れません。

ではどうすればうまく副交感神経優位になるのか?

 

対策です。

 

 

夕食は寝る2時間以上前に済ます

内臓は副交感神経で働きますから、

食後は副交感神経優位になります。

じゃあ食べたらすぐ横になろう。。。

ちょっと待った!!

食べてすぐは内臓の働きにパワーを注ぎましょう。

消化が落ち着いた二時間後以降になると

体は寝ることに集中します。

 

入浴は寝る1時間前

入浴は副交感神経優位にするための

最大の武器です。

リラックス=お風呂

じゃないですか?

体温を適度に上げると

入眠までの時間が短縮されます。

湯冷めする前に布団に入りましょう。

 

湯船に浸かる

シャワーだと逆に交感神経優位になります

必ず湯船に浸かりましょう。

ちなみに温度は少しぬるめの38~40℃が適温です。

熱いお風呂と冷たいお風呂は交感神経優位になるからダメです。

 

寝る前のPC・スマホは厳禁

これらの発するブルーライトは体を興奮させます。

寝る1時間前には画面を閉じましょう。

 

寝室の環境づくり

蛍光灯もPCと同じで興奮作用があります。

間接照明のような柔らかい光ににすると

心が落ち着き、眠りに入りやすくなります。

アロマ、落ち着いた音楽なんかも

好きな人にはおすすめです。

 

以上が対策です。どうでしょう?

寝る前のスマホなんか、

皆さんやってるんじゃないですか?

上記を実行すれば睡眠はすぐそこです。

睡眠が取れだしたら次のステップ。

 

早寝早起き

 

はい、人間の基本です。

おそらく日本中全ての人が

小学生の頃に言われたはず。

ではなぜ早寝早起きなのか?

早寝早起きが体内時計を整えます

朝起きて夜に寝る体を作るのです。

 

夜なかなか寝付けなかったの。

もう少し寝かせて、、、、

ダメです!容赦なく起こします。

ここで寝てしまっては全てが水の泡。

もう一度言います。

 

早寝早起きが体内時計を整えます

 

体内時計が整うと、自律神経のバランスも整います。

そのためには努力も必要です。

寝るためにあらゆる努力をし、

質の良い睡眠を取りましょう。

質の良い睡眠がとれるようになると

体の自己修復力も高まります。

そうすると体の不調も減ってきます。

良いこと尽くしですよね。

 

良い体を作るために、

良い睡眠を取りましょう。

次回は『夜勤のための睡眠』と

『キレイのための睡眠』について

考察したいと思います。

更新忘れていたらツッコんで下さい。

 

<担当>山下

赤ちゃんからマタニティ・高齢者の方までどんな方でもお気軽にK.styleにご相談ください。INFORMATION

〒761-8073
香川県高松市太田下町1962番地11
Kstyle[いわき整骨院併設]

受付時間
通院される方 9:30〜12:00 × ×
遠隔で受けられる方【昼の部】13:30~ × × ×
遠隔で受けられる方【夜間の部】21:30~ × ×

[ 休診日 ] 土日祝祭日
遠隔キヅキヒーリングをご希望の方はこちら

完全予約制19時まで受付駐車場6台高松ゆめタウンより車で5分

ー完全予約制ー

K.styleへのご予約は

TEL. 087-867-5311

ーお問い合わせフォームー

K.styleへお気軽にご相談ください

ENTER

 

遠隔キヅキヒーリングはこちら

ENTER