2017.06.02

発達障害

妊婦&産後&小児ケア

 

発達障害とは生まれつきの

脳機能の発達のアンバランスさ、

その人が過ごす環境や

周囲の人との関わりのミスマッチから

社会生活に困難が生じる障害のことです。

一口に発達障害といっても様々な種類、

症状があります。

また法律上の分類と

医学的な診断や診断名は異なります。

以下はWHO(世界保健機関)の分類や

その他の判断基準を参考に紹介していきます。

 

発達障害は大きく分類すると

●広汎性発達障害(PDD)

●学習障害(LD)

●注意欠陥・多動性障害(ADHD)

の3つに分類されます。

 

※広汎性発達障害は自閉症、

アスペルガー症候群、

レット障害、小児期崩壊性障害、

特定不能の広汎性発達障害の

総称になります。

 

主な特徴


 

●広汎性発達障害

広汎性発達障害の主な症状として、

①社会性・対人関係の障害

②コミュニケーションや言葉の発達の遅れ

③行動と興味の偏り

があります。

 

①社会性・対人関係の障害

特徴としては、人に関心がなく

関わりを避ける『孤立型』、

言われたことになんでも従う『受動型』、

一方的に話をしたり、

同じことを何度も言う『積極・奇異型』、

横柄な態度をとったり、

人を見下したような言い方をしてしまう

尊大型』があります。

 

②コミュニケーションや言葉の発達の遅れ

特徴としては、

オウム返しが多い、

単語でしか話さないといった

言葉の発達の遅れ

会話が苦手、

冗談が通じない(真に受けてしまう)、

抽象的な言葉の意味がわからない

などがあります。

また自分が使っている言葉でも

意味を理解できず、

他人を傷つける発言をしてしまったりします。

 

③行動と興味の偏り

特徴としては、

ある特定のものに強い興味やこだわりを

見せることがあります。

具体的な例としては、

食事へのこだわりが強く偏食

普段は出来ることでも

場所が変わるとできない

予定の変更や初めての場所が苦手

などがあります。

 

●学習障害(LD)

読字障害』、

『書字表出障害』、

算数障害』の3つに分類されます。

「聞く」「話す」「読む」「書く」「計算」の

全てが苦手というわけではなく、

どれかが苦手ということが多く、

ある特定分野に

偏りがでる傾向にあります。

統計的には読字障害が

一番多いようです。

この障害は本格的な学習が始まる、

小学校入学頃ぐらいまで

判断が難しい障害となります。

 

●注意欠陥・多動性障害(ADHD)

不注意、多動性、衝動性

3つの要素が見られます。

年齢や発達に不釣り合いな行動が多く、

社会的な活動や学業に

支障をきたすことがあります。

知的な遅れはなく、

感情や行動のコントロールを

自分ですることが難しい

というのが特徴です。

 

主な原因


 

・遺伝子の異常

・染色体の異常

・妊娠22週から出産後7日までの周産期の異常

・出産後の環境や病気

・体内環境の異常

・虐待などの強いストレス

などがあげられます。

精神疾患ではなく、

親のしつけや育て方が

原因でもありません。

脳の様々な機能に

偏りや何らかの障害が

あることから生じています。

種類も症状も様々なため

原因が特定できないことが

多いのが現状です。

 

医師・病院での治療


 

発達障害は

原因が特定できないため

完治が困難と言われています。

しかし子どもたちが

社会生活を送るうえでの

問題を軽減するために

様々な治療法が存在します。

 

親の教育方法を

症状に合わせて変えていく

ペアレントトレーニング』、

 

臨床心理士や医師などが

会話から問題点を見つけて

減らしていく『心理療法』、

 

奇異な行動を取ってしまう

子どもに対して1から徐々に教えて

慣らしていく『行動療法』、

 

対症療法として

適切なタイミングと量で行う

薬物療法』などがあります。

 

K-styleでの施術


iwaki-hand

発達障害の方には

体内に残存している重金属

(主に水銀・アルミニウム)を

排出することで

症状を改善していきます。

これらは予防接種を受けた方に

多く見られ、

普通に生活をしていると

完全に抜けるまでに

20年ほど掛かると言われています。

 

乳製品や小麦に対して

脳がアレルギー反応を

起こしていることもあり、

それらに対する調整や食事、

生活指導も行っています。

 

また、腎と小腸機能を引き上げ、

クラニアルリズム(頭蓋骨)を

調整することで症状が

軽減することもあります。

 

発達障害は

先天性な脳機能障害と言われており、

脳機能障害=

自律神経のコントロールも弱い

ということです。

自律神経を調整し

コントロールすることで症状を軽減させます。

発達障害は様々な種類、

原因がありますから、

それを探ってその人にあった調整を

していきます。

 

 

発達障害は見極めが難しく、

障害の諸症状は

一般的にもよく見られるので

グレーゾーンが広く存在します。

ですので周りの理解が

非常に大切になってきます。

少しずつその名称が

知られてきましたが、

まだまだ理解は多くありません。

また、大人・子ども関係なく

存在する障害でもありますから、

周りの理解・協力を得ながら

少しずつ治療していくことが大切です。

 

発達障害でお悩みの方は一度ご相談下さい。

 

赤ちゃんからマタニティ・高齢者の方までどんな方でもお気軽にK.styleにご相談ください。INFORMATION

〒761-8073
香川県高松市太田下町1962番地11
Kstyle[いわき整骨院併設]

                                                                                 
受付時間
通院される方(午前) 9:40〜12:00 × × × ×
通院される方(午後)15:00〜19:00 × × × × ×
遠隔で受けられる方【昼の部】13:30~ × × × × ×
遠隔で受けられる方【夜間の部】21:30~ × ×

[ 休診日 ] 木・金・土日祝祭日
遠隔キヅキヒーリングをご希望の方はこちら

完全予約制19時まで受付駐車場6台高松ゆめタウンより車で5分

ー完全予約制ー

K.styleへのご予約は

TEL. 087-867-5311

ーお問い合わせフォームー

K.styleへお気軽にご相談ください

ENTER

 

遠隔キヅキヒーリングはこちら

ENTER