2018.08.06

高温、多湿でも活性化!?冬より怖い「夏風邪」のお話

自律神経失調症

今年は例年以上に暑く、

過ごしにくい日々が続きます。

 

予報でも8月も暑さは続く見込みです。

 

そんな時に気を付けた方が良いものとして

熱中症や脳梗塞、心筋梗塞など以外にも

『夏風邪』があげられます。

6cf4f99778f382c9a74217df51aa0015_s

 

夏風邪は冬の風邪よりも症状がきつく、

なかなか治らないことが多くみられます。

 

夏風邪と冬の風邪は基本的に

ウイルスの種類が違います。

 

冬のウイルスは低温・乾燥を好むものが多く

室温、湿度などの対策をしていれば

ウイルスの活性は下がります。

 

しかし、夏風邪のウイルスは高温・多湿の

環境下でも活性を保つことができます。

 

これが回復に時間がかかりやすい

要因の一つになります。

 

また、夏風邪を発症するときは冬に比べ、

免疫力や体力がかなり低下しているときに

起こるという点も回復に時間がかかったり、

症状がきつい要因の一つです。

 

406bef4a39cd012cc2f82d0900de6559_s

 

夏は、屋内と屋外で気温差が出てしまいます。

 

気温差があると、人間の体内では生理現象により

体温の一定を保とうとするので、疲労が起こります。

 

その疲労が蓄積され続けると、

免疫力の低下に繋がります。

 

しかし、気温差がダメだからといって

冷房などの空調を付けないと熱中症など

命にかかわります。

 

エアコン

 

人間の体には疲労が蓄積されても、

排出する能力があります。

 

日中に疲労がたまる場合は、

夜にしっかり排泄できれば問題ありません。

 

それは、入浴睡眠です。

 

入浴で、気温差で過敏に働いていた

自律神経を落ちつかせ、

 

睡眠でしっかり体を休ませて

疲労を排泄できれば

体の機能は低下しにくくなります。

 

体の機能も働くときには働き、

休む時にはしっかり休ませていると

疲労の蓄積が抑えれます。

 

この入浴と睡眠のポイントとして

『汗』があげられます。

 

日中の汗は熱中症などに

気を付けていれば

 

体には問題ありませんが

体を休める時の発汗は

疲労につながります。

 

*運動量が少ない方で

日中汗をかかない人は例外です。

 

休む時にしっかり体を休めているかが

免疫力の低下を防ぐことになります。

 

2c06a85402ab452ddd8439ee3b14e675_s

 

また、食事でもビタミン、ミネラル

たんぱく質、脂質のバランスを

崩し続けると免疫力を低下させます。

 

これからも暑い日々が続きますが、

疲労を溜めずに

免疫力を高く保って乗り切りましょう。

 

 

Writer(発行者)

自律神経専門整体K-style

いわき整骨院

佐藤 敬弘

【Web site】

オフィシャルサイト

トップページはコチラ

Facebookページはコチラ

ご予約・ご相談・お問合せはコチラ

【Previous Article(前回の記事)】

夏の食生活、乱れていませんか?

赤ちゃんからマタニティ・高齢者の方までどんな方でもお気軽にK.styleにご相談ください。INFORMATION

〒761-8073
香川県高松市太田下町1962番地11
Kstyle[いわき整骨院併設]

受付時間
午前  8:30〜12:00
午後  15:00〜19:00 × ◯※

[ 休診日 ] 木曜午後・日・祝祭日 ※土曜午後は13:00〜15:00迄

完全予約制19時まで受付駐車場6台高松ゆめタウンより車で5分

ー完全予約制ー

K.styleへのご予約は

TEL. 087-867-5311

ーお問い合わせフォームー

K.styleへお気軽にご相談ください

ENTER
不妊・婦人科疾患で
お悩みの方へ
交通事故で
お悩みの方へ