2018.08.25

老化を進める体の錆

アトピー&乾癬&自己免疫疾患

今回は体の糖化というものをご紹介します。

 

 

 

初めに、糖化とは?

人間の体の細胞の多くは

たんぱく質で出来ています。

 

その為体内にはたんぱく質が

多く存在します。

 

そのたんぱく質に過剰になった糖質

(炭水化物)が結びつき糖化たんぱく

【AGE(s)】になります。

 

この現象のことを糖化と呼びます。

その糖化によりできたAGE(s)により

体内が焦げた感じになります。

 

糖(炭水化物)とたんぱく質を調理で

熱しし過ぎるととすぐ焦げができます。

 

何もかけていない魚を焼くのと、

西京焼きだと焦げる速さが違ったり、

何も入れていない玉子焼きと、

砂糖を入れた玉子焼きでも

焦げやすさは違います。

 

それと同じようなことが起こり、

肌の透明感がなくなります。

 

 

 

透明感以外にもAGE(s)により

皮下組織が障害を受け肌のハリが低下

肌の乾燥など肌の老化を引き起こします。

 

また、肌の老化以外にも病気などに

関与している疑いがあり、

現在研究されています。

 

肌の老化を行うものとして糖化以外にも

光老化や酸化というものがありますが

光老化、酸化についてはまた今後紹介します。

 

~糖化対策~

・体内で過剰に余った糖質がこの糖化を

 引き起こすので、糖の過剰摂取を

 控えてください

 

・GI値やGL値に気を付けてください

(高GI値や高GL値のものは急激に

血糖が上がるので消費が追い付かず

血液中に糖が余りやすい)

 

・糖の種類によって

 体内の糖の溜まりやすさが変わる

(ミネラル分を豊富に含むものや

果物・野菜は良いものが多い)

 

・糖代謝を促進する栄養素が

 不足しないように

(ビタミンB1・B2

ナイアシン、パントテン酸、

などが不足しないようにする)

 

・適度に運動し糖の消費を促す

 

・スイーツ系やお菓子類は

 特に多いので食べる量、頻度に

 気を付ける

(小麦粉などの糖質+砂糖のダブル糖質)

などがあります。

 

 

 

今回糖化について説明しましたが、

最近の研究では全く糖質を摂らないと

逆に老化を進めてしまうという

研究データもあります。

 

糖質は体の大切なエネルギー源にも

なりますので、ある程度は摂取した方が

良いようです。

 

重要なのは糖質の質になります。

 

精白されているような白い砂糖や

人工甘味料、添加物(果糖ぶどう糖液糖など)

等は中毒性(依存性)が強い側面もあり

弊害を引き起こしやすいので

良質の糖や炭水化物を

摂取するようにしてください。

 

Writer(発行者)

 

自律神経専門整体K-style

いわき整骨院

佐藤 敬弘

【Web site】

オフィシャルサイト

トップページはコチラ

Facebookページはコチラ

ご予約・ご相談・お問合せはコチラ

【Previous Article(前回の記事)】

健康の三大要素の1つ

休養とスポーツとの関係

赤ちゃんからマタニティ・高齢者の方までどんな方でもお気軽にK.styleにご相談ください。INFORMATION

〒761-8073
香川県高松市太田下町1962番地11
Kstyle[いわき整骨院併設]

受付時間
通院される方 9:30〜12:00 × ×
遠隔で受けられる方【昼の部】13:30~ × × ×
遠隔で受けられる方【夜間の部】21:30~ × ×

[ 休診日 ] 土日祝祭日
遠隔キヅキヒーリングをご希望の方はこちら

完全予約制19時まで受付駐車場6台高松ゆめタウンより車で5分

ー完全予約制ー

K.styleへのご予約は

TEL. 087-867-5311

ーお問い合わせフォームー

K.styleへお気軽にご相談ください

ENTER

 

遠隔キヅキヒーリングはこちら

ENTER