2018.09.22

健康な人でも「めまい・立ちくらみ」にご用心!

自律神経失調症

0bc161d9b3ebe305563ea246bc89ed99_s

だんだんと涼しい日が増えてきましたね。

気温が高い時よりも低い時の方が

増えてくるものがあります。

それはめまいや立ちくらみです。

 

これは寒くなるにつれ、

血管が収縮することで血流が悪くなり

脳にうまく血液が回らなくなり

起こったりします。

 

また、立ち上がった時に

血圧が急に下がり、

一時的に脳への血流が減少した時にも

生じます。

これらは脳循環不全の症状となります。

 

818e742cde0c1e9b4edd2a3620347834_s

 

健康な人でも

めまいや立ちくらみは起こります。

 

立ち上がると重力で血液が

下半身に集まることで

脳への血流が一時的に減り

意識が薄らぐことがあります。

 

しかし人間の体は血圧を一定に保ち、

脳の血流を正常に戻す機能があります。

 

血圧が低下すると体内のセンサーが

血圧の変動を感知して、

 

交感神経が心臓の動きを強めたり、

血管を収縮させたりして

血圧の回復に努めます。

 

こういう体の仕組みがうまく働かないと

めまいや立ちくらみは生じます。

 

低血圧の人は立ちくらみを

起こしやすいのですが、

 

高血圧の人でも

ちょっとした体位の変化で

血圧が大きく変化することがあり、

 

その血圧の変化により

脳へ行く血流が急に少なくなれば

立ちくらみが起こりやすくなります。

 

a5b0e6e56d87dde7c2d2f4e8d9b60da7_s

 

また、高齢者の場合は

「食後性低血圧」というものにも

注意しましょう。

 

食事をすると消化のために

胃や腸へ血液が集まります。

 

その分心臓へ戻る血液が減りますので

血圧が下がります。

 

若い人や健康な人の場合は

自律神経がそうならないように

 

心拍数を上げたりして

血圧を元に戻しますが、

 

高齢になったり、

自律神経が乱れていると

 

その調節機能がうまく働かなくなり

低血圧になるのです。

 

食後に血圧が低下して、

顔から血の気が引き、

めまいやふらつき、

酷い場合は失神に至るケースもあります。

 

食後の低血圧を防ぐには

腹八分目を心がけ、

 

ゆっくりと時間をかけて

食事をしましょう。

 

d8e464678ce3d2d4838ae7729687fb81_s

 

これらの症状が見られる方は

お酒は控えた方が無難です。

 

また、コーヒーや緑茶など

カフェインを多く含む飲み物は、

 

交感神経の働きを促進し

血圧が上がりやすくなるので、

このケースではオススメです。

 

健康な人、そうでない人、

若い人、高齢の人など、

老若男女問わず、

 

食事はゆっくりと楽しみながら

取りましょう。

 

せっかくの食欲の秋を

しっかりと楽しんでもらえれば幸いです。

 

ゆっくりと言っても、

食べ過ぎ、飲み過ぎにはご注意を!

 

【Writer(発行者)

自律神経専門整体K-style

いわき整骨院

山下 次郎

%e5%9b%b31-279x300

【Web site】

オフィシャルサイト

トップページはコチラ

Facebookページはコチラ

ご予約・ご相談・お問合せはコチラ

【Previous Article(前回の記事)】

老化の上乗せ!気を付けるべき「光老化」の正体とは!?

赤ちゃんからマタニティ・高齢者の方までどんな方でもお気軽にK.styleにご相談ください。INFORMATION

〒761-8073
香川県高松市太田下町1962番地11
Kstyle[いわき整骨院併設]

受付時間
午前  8:30〜12:00
午後  15:00〜19:00 × ◯※

[ 休診日 ] 木曜午後・日・祝祭日 ※土曜午後は13:00〜15:00迄

完全予約制19時まで受付駐車場6台高松ゆめタウンより車で5分

ー完全予約制ー

K.styleへのご予約は

TEL. 087-867-5311

ーお問い合わせフォームー

K.styleへお気軽にご相談ください

ENTER
不妊・婦人科疾患で
お悩みの方へ
交通事故で
お悩みの方へ