2018.10.12

エアコンの出番はまだ早い!暖房に頼り過ぎない生活の知恵!

自律神経失調症

紅葉

10月になり、秋が深まってきましたね。

徐々に紅葉も広がりを見せ、

 

朝晩の気温も下がり冷え込む日も

しばしば。

そうなってくると暖房の出番は目前です。

 

今回はその暖房の使い方、

種類について考えてみませんか?

 

それを考える背景には

もちろん健康のことがあります。

そうです。自律神経です。

 

夏にどこかでお話しした記憶が

うっすらありますが、

人間には体温調整機能が備わっています。

 

暑い夏には体温を下げ、

寒い冬には体温をあげようとします。

 

エアコン付ける

 

しかし最近では

エアコンだらけの環境のため

 

この調節機能がバカになっている方が

少なくありません。

 

体温調節機能が狂ってくると

寒い時にうまく体温が上がらず

冷え性となり血流は悪くなる。

 

そうなると腰痛や肩こりを始め、

頭痛、めまい、立ちくらみ

胃の不快感などと言った

一般的な自律神経症状が現れます。

 

健康に冬を超えるためにも

今年の冬はなるべくエアコンに頼らず

過ごしてみませんか?

 

今年の冬はどうやら

エルニーニョ現象のおかげで

暖冬傾向だそうです。

平年並みか、やや暖かい予報となっています。

 

この暖冬傾向のチャンスを生かして

脱!エアコン!

快適空間をあえて崩してみましょう。

 

※妊婦の方や健康に不安のある方は

やめておきましょう。

 

暖房器具を使うなとは言っていません。

 

暖房器具により作られる

快適空間を作るのを我慢することの提案です。

 

ではどうすれば良いのか?

今回は日々の食事に注目します。

 

チゲ鍋

 

食べると体は栄養素を分解します。

 

その時の一部が熱として消費され

代謝があがることで体温は上昇します。

 

熱の材料となるのは、

タンパク質、炭水化物、脂質です。

 

カナダ北部などの極寒に住むイヌイットは

世界で最も脂質を摂取する民族です。

 

厳しい寒さを凌ぐために、

アザラシやイルカなどの生肉を

たっぷり食べています。

 

ほかにも、ロシアなどでは油分を

たっぷり使った料理が多く存在します。

 

他にもタンパク質は

熱を生み出す筋肉を作り、

 

炭水化物に含まれる糖質は、

体温を維持する役割を果たします。

 

とはいえ、摂りすぎもよくありません。

 

脂質・たんぱく質・炭水化物の摂りすぎは

高脂血症や動脈硬化などの

生活習慣病に繋がります。

 

こういったリスクを避けつつ

温まりやすい体を作るためには

以下のような食材を

料理に取り入れましょう!

 

まず体温め食材No.1のしょうが

これは誰しもが一番に

頭に浮かんでくるかと思います。

 

次はねぎ。

 

熱が出たらねぎを首に巻くといった

知恵袋的なものがありますから

意外と思う方もいるでしょう。

 

ねぎ特有の香り成分に「アリシン」には

血行をよくする効果があり、

その結果、体が温まります。

 

葉の部分にはビタミンCが

豊富なので風邪予防にも最適です。

 

最後に根菜。

根菜は水分が少なく、ビタミンEや

鉄分などのミネラルを多く含みます。

 

ビタミンEは血行を促進し

ミネラルはたんぱく質の活用に

大きく役立つ栄養素です。

 

基本的に寒い時には

寒い時に獲れる食材を使いましょう。

 

そうやって自然界は

バランスが取れています。

 

結局は旬のものがその時その時に

一番良い良いということですね。

 

雪ねこ

 

うまく体を温める食べ物をとりつつ

寒い空間に体を慣らしましょう。

 

そうすることで脳が寒いと判断し

体を温めるようになります。

 

その時にそれらのエネルギーが足りない

なんてことにならぬよう、

バランスよく食事をとりましょう。

 

まだ気は早いかもしれませんが、

対策をしておくに越したことはありません。

 

何事も準備で8割が決まりますからね。

 

脱エアコン生活にチャレンジする方は

くれぐれも無理して風邪など引かぬよう

自分の体と相談しながら行なってください。

 

無理をして体調を壊した場合の責任は

背負いかねますので。。。あしからず

 

【Writer(発行者)

自律神経専門整体K-style

いわき整骨院

山下 次郎

%e5%9b%b31-279x300

【Web site】

オフィシャルサイト

トップページはコチラ

Facebookページはコチラ

ご予約・ご相談・お問合せはコチラ

【Previous Article(前回の記事)】

東洋医学で見る、身体のチェック方法

赤ちゃんからマタニティ・高齢者の方までどんな方でもお気軽にK.styleにご相談ください。INFORMATION

〒761-8073
香川県高松市太田下町1962番地11
Kstyle[いわき整骨院併設]

受付時間
午前  8:30〜12:00
午後  15:00〜19:00 × ◯※

[ 休診日 ] 木曜午後・日・祝祭日 ※土曜午後は13:00〜15:00迄

完全予約制19時まで受付駐車場6台高松ゆめタウンより車で5分

ー完全予約制ー

K.styleへのご予約は

TEL. 087-867-5311

ーお問い合わせフォームー

K.styleへお気軽にご相談ください

ENTER
不妊・婦人科疾患で
お悩みの方へ
交通事故で
お悩みの方へ