2018.11.09

ウォーミングアップの重要性

スポーツ障害

試合や主運動において、良い

パフォーマンスを発揮するために、

 

事前に心身の準備をすることを目的

としたトレーニングを、ウォーミング

アップと言います。

 

練習、試合開始直後からハイパフォー

マンスを出すには、ウォーミングアップ

がとても大切です。

 

今回は、ウォーミングアップの効果に

ついて、解説します。

 

1929

ウォーミングアップの目的

1:パフォーマンスの向上

運動では、体の様々な機能が活動します。

しかし、運動開始直後からハイパフォー

マンスを出せるわけではありません。

 

あらかじめウォーミングアップを行って

おけば、運動開始時に見られる身体への

負荷が軽減し、より高いパフォーマンス

を出すことができます。

 

2:怪我の予防

ウォーミングアップには、筋肉の適応能力

を高める、呼吸機能を円滑にする、神経の

伝達速度を高める、筋肉・関節の柔軟性を

高める効果があります。

 

この効果により、怪我のリスクを下げる

ことができます。

 

また、神経の興奮が十分であれば、咄嗟の

判断と身のこなしで、怪我を防ぐことにも

繋がります。

 

3:体温・筋温の上昇

動くことにより、筋肉は収縮します。

 

収縮することにより、熱エネルギーが

発生し、筋温が上昇します。

 

体温と筋温とパフォーマンスの関係に

ついての研究では、体温上昇が大きく

パフォーマンスに影響を与えることが

分かっています。また、筋温の上昇に

15分程度必要ということも

分かっています。

 

しかし、低い気温の中で一気に体温を

上げてしまうと、筋肉の収縮に支障を

きたします。

 

気温の低いときは、強度の

低いウォーミングアップから徐々に

強度を上げていきましょう。

 

 

ウォーミングアップの効果

1:スムーズな筋力発揮

筋温を上げることで、筋肉の粘性が

低下し、筋力発揮がスムーズになります。

 

また、体温が上がることで、関節内の

潤滑油でもある滑液が分泌され、関節の

動きがスムーズになります。

 

滑液は一定の体温まで上昇しなければ

分泌されないので、不十分であると

余分な負担が身体にかかり、怪我に

繋がります。

 

2:関節可動域が広がる

ウォーミングアップによる柔軟性の

増加には、筋肉の粘性低下、拮抗筋

の緊張低下、関節可動域の拡大が関与

しています。

 

十分に筋温を上げること

で、動きのダイナミクスさと

スムーズさが向上します。

 

stretch_man

 

3:エネルギー効率が上がる

徐々に強度を上げていくような

運動を行うことで、組織における

酸素の利用効率が高まります。

 

酸素をうまく取り込み、筋肉で

効率よく利用できるようになります。

 

 

ただ漠然と動くだけでは、より良い

効果を得られることができません。

 

なぜウォーミングアップをしな

ければいけないのか、どのような

効果があるのかを理解した上で

実施することで、効果はアップ

します。

 

より良いパフォーマンスを出す

ために、正しいウォーミングアップ

を行いましょう。

 

次回の藤田執筆回では、ウォーミング

アップの実際について解説します。

 

 

Writer(発行者)

自律神経専門整体K-style

いわき整骨院

藤田 恭介

%e5%9b%b3%ef%bc%92

【Web site】

オフィシャルサイト

トップページはコチラ

Facebookページはコチラ

ご予約・ご相談・お問合せはコチラ

【Previous Article(前回の記事)】

女性アスリートが気をつけること

赤ちゃんからマタニティ・高齢者の方までどんな方でもお気軽にK.styleにご相談ください。INFORMATION

〒761-8073
香川県高松市太田下町1962番地11
Kstyle[いわき整骨院併設]

受付時間
午前  8:30〜12:00
午後  15:00〜19:00 × ◯※

[ 休診日 ] 木曜午後・日・祝祭日 ※土曜午後は13:00〜15:00迄

完全予約制19時まで受付駐車場6台高松ゆめタウンより車で5分

ー完全予約制ー

K.styleへのご予約は

TEL. 087-867-5311

ーお問い合わせフォームー

K.styleへお気軽にご相談ください

ENTER
不妊・婦人科疾患で
お悩みの方へ
交通事故で
お悩みの方へ