2019.01.20

冬も重要!胃腸機能!!

自律神経失調症

今回は以前風邪対策を紹介しいましたが、

その続編で、胃腸機能についてです。

今回は長くなりますので、

この内容に絞ってお送りします。

c267444f97cf047dc451df232e99ad22_s

まず、胃腸の働きがなぜ必要かお伝えします。

 

① ウイルス、細菌の侵入を防ぐ

② ビタミン、ミネラルの吸収

③ 体の免疫細胞の5~7割は腸に存在

などです。

 

①ウイルス、細菌の侵入を防いでいるものは、

胃の中で活躍する胃酸です。

胃酸は強酸性を示し、

食べたものを消化する作用が

一般的ですが、それ以外にも作用があり、

それが胃に侵入してきたウイルス、細菌を

やっつける働きです。

強酸性(pH1~2くらい)なので

レモンや食酢よりも強い酸性を示しております。

(逆流性食道炎や胃酸過多など

胃酸の影響で自分の体を痛めることもあります。)

その為殺菌作用も強くあります。

胃の機能が正常だと胃酸の分泌が

正しく行われるため侵入をまずここで

食い止めれます。

(活性を下げれます)

 

②のビタミン、ミネラルの吸収に関して

ビタミンやミネラル特にビタミン系の吸収に

胃腸の機能が関係します。

胃腸の機能低下を起こしていると、

ビタミンの吸収量が低下を起こします。

その為、いくらビタミンを摂取していても

吸収されていないことがあります。

その結果、さらに抗酸化作用が低下し

免疫機能が下がったりします。

 

③の免疫細胞について、人間の体は厳密にいうと、

口から肛門と口から肺胞内は外界になります。

口から肺胞内は呼吸によって空気が通りますので

イメージがつきやすいと思いますが、

口から肛門も外のものが体に入ってきて

そのまま通過するので外界になります。

(一本の管になる)

その為、外から異物

(ウイルス、細菌、化学物質、毒素)

が侵入しやすいので免疫細胞が多く存在します。

胃腸の機能の低下によって

免疫細胞の働きも自然に低下してしまいます。

上記のような理由が胃腸機能と免疫の関係になります。

430482bb901f6346e64cd3adac4e2f61

次に胃腸の機能を上げる方法として、

 

①発酵食品を取り入れる

②体を温める性質の食品をとる

③冬でもしっかり水分をとる

などです。

 

発酵食品は腸内細菌を補ったり、

腸内細菌の活性を上げます。

腸内には多数の微生物が生存しており

腸内細菌叢(腸内フローラ)を形成しております。

腸の機能が低下しているときには

この腸内細菌叢が乱れておりますので、

それを整える必要があります。

そこで、発酵食品でこの乱れを戻していきます。

注意点としては見た目は発酵食品でも

実際は発酵されていないものや

発酵が不十分なものがあります。

発酵が十分でないと乳酸菌などの微生物が少なかったり、

活性が下がっていますので、

食べているけどなかなか状況が改善されません。

そういったものは添加物が加えられておりますので、

注意してください。
②体を温めるものとして簡単な基準があります。

1、旬が夏のもの→体を冷やす

旬が冬のもの→体を温める

2、暑い地方でとれるもの→体を冷やす

寒い地方でとれるもの→体を温める

3、土の中で育つもの→体を温める

上記が簡単な区別基準になります。

体を温めると思われている唐辛子ですが、

多くとると日本人の体質では冷やす作用や

胃腸の機能を下げるになります。

 

③胃や腸は粘膜で出来ておりますので

水分が不足すると機能低下しやすいので

1日1ℓ以上は摂取してください。

その際は、

常温もしくは温かいものを飲んでください。

(たまに冷たい物を飲むのはOK)

*コーヒーは含まれません

ef02e532b78a0ec4a269fca59d47be5d

以上が胃腸機能と免疫についての関係性です。

風邪やインフルエンザなどの

感染症が増えてきていますので、

胃腸のケアをしっかり行って

予防をしっかりしていきましょう!

 

Writer(発行者)

自律神経専門整体K-style

いわき整骨院

佐藤 敬弘

【Web site】

オフィシャルサイト

トップページはコチラ

Facebookページはコチラ

ご予約・ご相談・お問合せはコチラ

【Previous Article(前回の記事)】

祝!成人

赤ちゃんからマタニティ・高齢者の方までどんな方でもお気軽にK.styleにご相談ください。INFORMATION

〒761-8073
香川県高松市太田下町1962番地11
Kstyle[いわき整骨院併設]

受付時間
午前  8:30〜12:00
午後  15:00〜19:00 × ◯※

[ 休診日 ] 木曜午後・日・祝祭日 ※土曜午後は13:00〜15:00迄

完全予約制19時まで受付駐車場6台高松ゆめタウンより車で5分

ー完全予約制ー

K.styleへのご予約は

TEL. 087-867-5311

ーお問い合わせフォームー

K.styleへお気軽にご相談ください

ENTER
不妊・婦人科疾患で
お悩みの方へ
交通事故で
お悩みの方へ