2019.02.25

栄養豊富ボーンブロススープ

アトピー&乾癬&自己免疫疾患

少し前より話題になっている

「ボーンブロススープ」

というものをご存知ですか?

 

直訳すると

ボーン→骨

ブロス→液体

なので骨のスープいわゆる出汁や

ブイヨンなどの鶏がらスープや

牛骨スープなどのことです。

 

このスープには様々な効果が

期待されています。

まず、アレルギー症状に関係の深い

リーキーガット症候群を

改善する作用が期待されております。

 

このスープにはゼラチンが含まれます。

そのゼラチンが腸の粘膜を

保護してくれます。

リーキーガット症候群は

腸粘膜のトラブルが関連されますので、

その改善に役立ちます。

また、コラーゲンアミノ酸

多く含みますので美容効果もあります。

それ以外にも、グリシンなどのアミノ酸

含まれますので精神の安定化や睡眠にも

関係してきます。

上記の栄養以外にも、

ビタミン

ミネラル

ヒアルロン酸

コンドロイチン

グルコサミン

などの栄養を含みます。

 

このように紹介すると

新しい食べもののように感じますが、

日本人にはなじみのある食べ物で

このボーンブロスと近いものがあります。

それはラーメンです。

ラーメンも同じ動物の骨をじっくり煮込んで

骨から出汁をとっているので

ボーンブロスと言えばボーンブロスです。

但しラーメンは糖質や脂質が

多くなってしまったり、

添加物が多いのでオススメはしません!

また、他の国の料理でも韓国ですと

「サムゲタン」「牛テールスープ」など、

フランスですと「ブイヨン」

中国ですと「鶏がらスープ」など

様々な国で昔から食べられてきました

これらの調理法や料理を見直して

作られているものがボーンブロススープです。

 

気になる作り方は、

牛の骨や鶏がらなどや野菜などにより味が変わり、

味の好みは様々だと思いますので

ネットで検索するとたくさんのレシピが出てきます。

その中で好みのものや作りやすい物を

作ってもらうのが良いと思います。

(牛骨や豚骨は手に入りにくいのもあり・・・)

クッ〇パッドでも検索できると思います。

 

一つ注意点としてあげるとすれば、

メインは骨から取れる出汁になりますので、

骨にはこだわってください

育てられているときに

過剰にホルモン剤抗生物質などや

質の悪いエサを与えられているものは

使用しない方が良いです。

 

Writer(発行者)

自律神経専門整体K-style

いわき整骨院

佐藤 敬弘

【Web site】

オフィシャルサイト

トップページはコチラ

Facebookページはコチラ

ご予約・ご相談・お問合せはコチラ

【Previous Article(前回の記事)】

赤ちゃんからマタニティ・高齢者の方までどんな方でもお気軽にK.styleにご相談ください。INFORMATION

〒761-8073
香川県高松市太田下町1962番地11
Kstyle[いわき整骨院併設]

受付時間
通院される方 9:30〜12:00 × ×
遠隔で受けられる方【昼の部】13:30~ × × ×
遠隔で受けられる方【夜間の部】21:30~ × ×

[ 休診日 ] 土日祝祭日
遠隔キヅキヒーリングをご希望の方はこちら

完全予約制19時まで受付駐車場6台高松ゆめタウンより車で5分

ー完全予約制ー

K.styleへのご予約は

TEL. 087-867-5311

ーお問い合わせフォームー

K.styleへお気軽にご相談ください

ENTER

 

遠隔キヅキヒーリングはこちら

ENTER