2019.05.27

スポーツ貧血ってなに??

整形外科疾患&その他

貧血は、競技者に見られる

代表的な疾患です。

日本オリンピック委員会強化指定

選手の検診結果では

男性11,9%、女性17,8%が血清鉄低値と

なっています。

競技種目別に見ると、女子陸上

競技者では、56%に貧血が

認められています。

一般女性の貧血は10%ということから

考えると、いかに女子競技者での

貧血が多いかが分かります。

貧血の症状としては、初期に

めまいと立ちくらみが起こります。

症状が進行すると、動悸、息切れ、

頭重感、易疲労感、顔面蒼白が

現れます。

 

スポーツで起こる貧血は、鉄の

需要量と排泄量が摂取吸収量を上回る

場合に生じます。

鉄欠乏性貧血の一般的な原因として、

ダイエット、アルコール中毒、偏食

などによる鉄摂取不足が挙げられます。

女性では、月経があり鉄排泄量が

増大するため、貧血のリスクが

上がります。

競技者では、発汗による鉄排泄量が

多くなります。

競技後は尿から鉄が

排泄されることもあります。

陸上競技者では、消化管出血が競技後

に見られることもあり、一般よりも

貧血のリスクが上がります。

また、足の裏に強い衝撃が多く

入ることで、赤血球がダメージを受け、

貧血に繋がることもあります。

貧血を防ぐには、食事が最も

大切です。偏食を避け、バランスの

取れた食事をしましょう。

一般的には、一日20~30㎎程度の

鉄分摂取が必要ですが、競技者では、

一日30㎎以上の摂取が必要です。

鉄分は、吸収しやすいヘム鉄と、

吸収しにくい非ヘム鉄に別れます。

ヘム鉄は肉類、非ヘム鉄は野菜に

多く含まれます。

 

非ヘム鉄は、緑茶と一緒に摂ると

さらに吸収が悪くなりますが、

ビタミンCや魚肉、鶏肉と一緒に

摂ると、吸収しやすくなります。

体重コントロール、クッション性の

高いシューズを履くことで、足の裏

への衝撃を和らげることができます。

 

貧血は多くの場合で予防できます。

日頃から対策し、より良い

競技生活を送りましょう。

Writer(発行者)

自律神経専門整体K-style

いわき整骨院

藤田 恭介

%e5%9b%b3%ef%bc%92

【Web site】

オフィシャルサイト

トップページはコチラ

Facebookページはコチラ

ご予約・ご相談・お問合せはコチラ

【Previous Article(前回の記事)】

良質の睡眠

赤ちゃんからマタニティ・高齢者の方までどんな方でもお気軽にK.styleにご相談ください。INFORMATION

〒761-8073
香川県高松市太田下町1962番地11
Kstyle[いわき整骨院併設]

受付時間
通院される方 9:30〜12:00 × ×
遠隔で受けられる方【昼の部】13:30~ × × ×
遠隔で受けられる方【夜間の部】21:30~ × ×

[ 休診日 ] 土日祝祭日
遠隔キヅキヒーリングをご希望の方はこちら

完全予約制19時まで受付駐車場6台高松ゆめタウンより車で5分

ー完全予約制ー

K.styleへのご予約は

TEL. 087-867-5311

ーお問い合わせフォームー

K.styleへお気軽にご相談ください

ENTER

 

遠隔キヅキヒーリングはこちら

ENTER