2019.11.18

身近な漢方 part2

アトピー&乾癬&自己免疫疾患

以前、漢方薬で実は身近にあるものを紹介しましたが、

今回はその第二弾です。

b62d0e83ae0fe4e5551f054a9bd22481_s

①七味

f796986339f1704052e6f452b4d8d039_s (1)

うどんの薬味でよく使用される七味ですが、

起源は江戸時代に漢方薬をもとに

生薬を組み合わせて作られたそうです。

現在、作っているお店により中身が違いますが、

これに含まれる代表的な漢方薬は

『陳皮』と呼ばれるものです。

陳皮とはみかんの皮を乾燥させたもので、

消化器系や咳などに効果があるとされております。

漢方薬では、

・香蘇散(こうそさん)

・平胃散(へいいさん)

・補中益気湯(ほちゅうえっきとう)

・六君子湯(りっくんしとう)

・二陳湯(にちんとう)

などに含まれております。

また、体を温める作用の生姜も含まれることが

あります。

ただし、注意点として七味は唐辛子が主原料です。

唐辛子は胃や腸管の粘膜の炎症を起こしやすいので、

摂り過ぎに気を付けてください。

 

②シナモン

270afa6b63d071c989bb5d50850843c0_s

シナモンと言われるとお菓子やスウィーツを

想像されると思いますが、

これもれっきとした漢方薬のひとつです。

『桂皮』と呼ばれています。

風邪の漢方薬の中に

入っていることがあります。

作用は体を温める作用や消化器の働きを

回復させる作用が期待されています。

・安中散(あんちゅうさん)
・柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)
・桂枝湯(けいしとう)
・桂枝人参湯(けいしにんじんとう)
・桂枝加芍薬湯(けいしかしゃくやくとう)

などに含まれます。

このシナモン(桂皮)ですが一つ注意点があり、

摂り過ぎると肝機能障害を起こす恐れがあります。

シナモンに含まれるクマリンという成分が

過剰に体内に入ると肝機能障害を引き起こします。

一日に八つ橋だと20~29枚以上食べると

過剰摂取になります。

一日にシナモントースト、シナモンコーヒー、チャイ、

くらいだと上限は超えることはありません。

ただし、シナモンのサプリメントを摂っている方は

注意が必要です。

ちなみにシナモンは

世界最古のスパイスになるそうです。

 

③カレー

 

今日本人で一番身近な漢方といえば、

カレーライスになると思います。

カレーには多くのスパイス(香辛料)が

使用されていますが、

そのスパイスが漢方薬としても

使われております。

・ウコン

・ショウガ

・ニンニク

が入っております。

また、作り手により多少違いがありますが、

他のスパイスもインドでの伝統医学

アーユルヴェーダをもとに作られております。

ですので、消化器を活発に働かせる作用などが

あります。

 

まだまだ漢方薬のもとになっているものや

漢方の考えで作られているものが

多く存在しますので、

残りは今後ご紹介します。

 

 

Writer(発行者)

自律神経専門整体K-style

いわき整骨院

佐藤 敬弘

【Web site】

オフィシャルサイト

トップページはコチラ

Facebookページはコチラ

ご予約・ご相談・お問合せはコチラ

【Previous Article(前回の記事)】

パフォーマンスの向上と、怪我予防

赤ちゃんからマタニティ・高齢者の方までどんな方でもお気軽にK.styleにご相談ください。INFORMATION

〒761-8073
香川県高松市太田下町1962番地11
Kstyle[いわき整骨院併設]

受付時間
午前  8:30〜12:00
午後  15:00〜19:00 × ◯※

[ 休診日 ] 木曜午後・日・祝祭日 ※土曜午後は13:00〜15:00迄

完全予約制19時まで受付駐車場6台高松ゆめタウンより車で5分

ー完全予約制ー

K.styleへのご予約は

TEL. 087-867-5311

ーお問い合わせフォームー

K.styleへお気軽にご相談ください

ENTER
不妊・婦人科疾患で
お悩みの方へ
交通事故で
お悩みの方へ