Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/kstyle5311/iwakiseikotsuin.com/public_html/wp/wp-content/themes/kstyle/single-column.php on line 143

2019.12.25

本当はすごい、太陽の光

最近太陽が出て明るい時間が減ってきています。

冬なので当然といえば当然ですが、

昼と夜の時間も夜の方が長くなっています。

夜が長いと人間の生活リズムが乱れやすくなります。

今回のコラムでは太陽が人間にどういった影響を

与えているかを簡単にまとめてみました。

48cb8ffe587248ba4f3a5fa080d1c8d7_m

1、体内時計をリセットする

人間の体内には体内時計が存在し

その体内時計で睡眠などの生理現象が

行われます。

しかし、この体内時計は24時間ちょうどでは

動いておりません。

また、すぐ乱れてしましますので、

太陽の光にはこれをリセットさせる作用があります。

 

2、抗ストレスホルモンの産生を促す

抗ストレスホルモンとして知られる、

『セロトニン』の産生を促す効果が

確認されております。

高緯度の地域(北の方の地域)は

冬季になると日照時間が少なくなるので、

季節性のうつを発症する割合が

低緯度(南の方の地域)よりも多いことが

はっきりとわかっております。

459bc73d05522456c1b9838896edd7e8_s

3、ビタミンDの産生を促す

栄養素のビタミンDは食事からも摂れますが、

日光を浴びることでも体の中で合成されます。

ビタミンDはカルシウムの吸収に必要な栄養素になり、

長期で不足していると『骨粗しょう症』や

『くる病・骨軟化症』のリスクに関係します。

 

4、近視の進行を抑える可能性

太陽光に含まれている『バイオレットライト』が

眼に入るとEGR1が活性化され、

その働きにより近視の進行を抑える可能性があります。

現在、眼鏡メーカーのJINSがその働きに着目して

新しい眼鏡を開発中らしいです。

 

4、植物が光合成で呼吸に必要な酸素をつくる

これは理科の授業で習ったと思いますが、

植物が光合成で、二酸化炭素を吸収し

酸素を吐き出してくれます。

この働きで、呼吸に必要な酸素を

生んでくれています。

 

5、地面などを暖め、気温を上げる

太陽の光がものに当たって温めることで、

気温が上がります。

 

6、殺菌作用

太陽の光には紫外線が含まれますので、

その紫外線での殺菌作用があります。

 

まだ、他にも様々な働きがあり、

書きはじめるとキリがなくなりますので、

今回はこの程度の紹介になります。

 

 

Writer(発行者)

自律神経専門整体K-style

いわき整骨院

佐藤 敬弘

【Web site】

オフィシャルサイト

トップページはコチラ

Facebookページはコチラ

ご予約・ご相談・お問合せはコチラ

【Previous Article(前回の記事)】

冬に増える痒み、蕁麻疹

赤ちゃんからマタニティ・高齢者の方までどんな方でもお気軽にK.styleにご相談ください。INFORMATION

〒761-8073
香川県高松市太田下町1962番地11
Kstyle[いわき整骨院併設]

受付時間
通院される方 9:30〜12:00 × ×
遠隔で受けられる方【昼の部】13:30~ × × ×
遠隔で受けられる方【夜間の部】21:30~ × ×

[ 休診日 ] 土日祝祭日
遠隔キヅキヒーリングをご希望の方はこちら

完全予約制19時まで受付駐車場6台高松ゆめタウンより車で5分

ー完全予約制ー

K.styleへのご予約は

TEL. 087-867-5311

ーお問い合わせフォームー

K.styleへお気軽にご相談ください

ENTER

 

遠隔キヅキヒーリングはこちら

ENTER