2019.09.24

老化を進める体のサビ『糖化』

アトピー&乾癬&自己免疫疾患

今回は体の糖化というものをご紹介します。

 

 

初めに、糖化とは?

人間の体の細胞の多くは

たんぱく質で出来ています。

 

その為体内にはたんぱく質が

多く存在します。

 

そのたんぱく質に過剰になった糖質

(炭水化物)が結びつき糖化たんぱく

【AGE(s)】になります。

 

この現象のことを糖化と呼びます。

その...

詳しく見る

2019.09.09

季節により起こるメンタル症状

メンタル疾患

今回の内容は10月くらいより増えやすい

季節性情動障害についてです。

 

季節性情動障害というと『?』と

思う方もいますが、

 

季節性うつという方がわかりやすいと

思います。

 

 

ウィキペディアによると、

 

『季節性情動障害とは、

うつ病のサブタイプの一つで、

 

ある季節のみ、体のだるさや疲れやす...

詳しく見る

2019.08.26

身近な存在のサプリメント

アトピー&乾癬&自己免疫疾患

今回は身近な存在になった

サプリメントについて

紹介します。

今コンビニやドラッグストアなど

どこへ行ってもサプリメントが

置かれています。

 

TVでもサプリメントのCMを見る機会が

多くあります。

 

サプリメントは錠剤や液体、粉末状に

なっており、手軽に摂取できるので

人気が高い状態です。

 

その為、サプリメントを摂取する方も

...

詳しく見る

2019.08.13

体力の低下でリスク上昇『夏風邪』

自律神経失調症

今年は例年以上に暑く、

過ごしにくい日々が続くと

今月の予報が発表されました。

 

八月も終わりに向かい、

七月からの急な気温上昇や

猛暑が続き体力が低下しやすくなります。

 

そんな時に気を付けた方が良いものとして

熱中症や脳梗塞、心筋梗塞など以外にも

『夏風邪』があげられます。

 

夏風邪は冬の風邪よりも症状がきつく、

なかなか治らないことが多くみられます。
...

詳しく見る

2019.07.29

簡単な健康状態のチェック方法

アトピー&乾癬&自己免疫疾患

はじめに、

みなさんご自身の指先を

見てください。

 

指先にさかむけ(ささくれ)は

出来てませんか?

 

 

 

あまり気にされていないことが

多いと思いますが

 

実はこれが体の不調を示す

サインの一つになります。

 

体質(肌質)によって

できやすい人がいますが

 >...

詳しく見る

2019.07.16

小さな大黒柱『副腎』

メンタル疾患

皆さん体の臓器はいくつご存知ですか?

肝臓、腎臓、心臓、肺、胃、小腸、

大腸、脾臓、膵臓、胆嚢などなど

様々なものが体内にはあります。

その中で今回お伝えするのは、

副腎という臓器についてお伝えします。

名前は聞いたことがあるかもしれませんが、

何をしているものかは

よく分からない方がいるかもしれませんので

作りと働きからお伝えします。

 

まず、左右の腎臓の上に乗っかており、

それぞれ4gくらい...

詳しく見る

2019.07.01

暑い季節の感染症

自律神経失調症

やっと梅雨に入り雨が増える時期になりました。

気温以上にこれからは湿度が上昇します。

この暑い中でも感染症が発生します。

代表的なものとして「夏風邪」があります。

また、その夏風邪の中でも

「ヘルパンギーナ」

というものをご紹介します。

 

このヘルパンギーナと呼ばれる感染症は

手足口病やプール熱と呼ばれる感染症と

よく似た症状を引き起こします。

また、どれも子供に多くみられますが、

大人でも感染...

詳しく見る

2019.06.17

第七の栄養素!?ファイトケミカル

自律神経失調症

皆さんファイトケミカル(フィトケミカル)

というものをご存知ですか?

このファイトケミカルというものは

近年研究されいろいろな可能性があることが

わかってきております。

ファイトケミカルとは?

ファイト(phyto)・・・植物

ケミカル(chemical)・・・化学成分

という意味です。

 

Wikipediaでは、

植物中に存在する化合物であるとされ、

直訳すると植物性化学物質となり、

...
詳しく見る

2019.06.03

良質の睡眠 part2

メンタル疾患

前々回お伝えした

睡眠の質を上げる方法の続編です。

前々回、途中で終わってしまいましたので

続きを紹介します。

6、寝る時間と起きる時間を決める

睡眠は習慣性の部分があります。

その為、入眠時間と起床時間がバラバラだと

その習慣性のところが乱れ、

寝つきの悪さや早朝に目が覚めるといった現象が

起こりやすくなります。

基本的に人間は目が覚めてから

14~16時間くらいすると睡眠を誘発する

メラトニンの量が増えます。

...
詳しく見る

2019.05.20

良質の睡眠

メンタル疾患

これから暑さや湿気などの影響もあり

睡眠でのトラブルが出やすくなります。

そこで、今回良質の睡眠をとるための

対策についていくつか紹介します。

1、起床後に太陽光を10~20分程度浴びる

人間には体内時計が備わっており、

この体内時間は正確に24時間ではありません。

24時間と十数分で回っております。

その為それをリセットさせる必要があります。

リセットがされてない状態が続くと

1週間で1時間以上ズレが生じます。

この体内時計が人間の...

詳しく見る
12345...9

赤ちゃんからマタニティ・高齢者の方までどんな方でもお気軽にK.styleにご相談ください。INFORMATION

〒761-8073
香川県高松市太田下町1962番地11
Kstyle[いわき整骨院併設]

受付時間
午前  8:30〜12:00
午後  15:00〜19:00 × ◯※

[ 休診日 ] 木曜午後・日・祝祭日 ※土曜午後は13:00〜15:00迄

完全予約制19時まで受付駐車場6台高松ゆめタウンより車で5分

ー完全予約制ー

K.styleへのご予約は

TEL. 087-867-5311

ーお問い合わせフォームー

K.styleへお気軽にご相談ください

ENTER
不妊・婦人科疾患で
お悩みの方へ
交通事故で
お悩みの方へ