2019.09.17

トレーニングの原則vol.2

スポーツ障害

トレーニングを効果的に行うには、

基本的な原則に沿ってプログラムを

作成する必要があります。

今回は、7つのトレーニングの

原則について解説していきます。

 

 

5.全面性の原則

トレーニングは、部位や種目が偏る

ことなく、バランスよく強化しなければ

なりません。

例えば、ある部分だけ強化しても、競技に

必要な他の部分が弱ければ、弱い部分に

引っ張られて強化した部位が最大...

詳しく見る

2019.08.19

突然起こる過換気症候群(過呼吸)

スポーツ障害

今回は、スポーツ現場でよく見られる

過換気症候群(過呼吸)の原因と、

対処法について解説します。

 

過換気とは、身体の中で作られた

二酸化炭素を、過剰に排出しようと

してしまう呼吸のことです。

 

過換気によって動脈血中の

二酸化炭素濃度が低下すると、

 

動脈血のphが酸性から

アルカリ性にシフトします。

 

これを、呼吸生アルカローシス

...

詳しく見る

2019.08.05

その方法、合ってます?正しい熱中症の対処法

スポーツ障害

とうとう夏本番を迎え、

30度を超える日が当たり前になりました。

 

そんな環境の中、気をつけるべき

ことは熱中症です。

 

 

近年、熱中症患者は増加の一途を

辿っています。

 

性別で分けてみると

男性は19〜39、女性では65歳以上が

大半を占めています。

 

若年者は特に運動中、65歳以上は

自宅での発生が特...

詳しく見る

2019.07.22

トレーニングの原則vol.1

スポーツ障害

トレーニングを効果的に行うには、

基本的な原則に沿ってプログラムを

作成する必要があります。

今回は、7つのトレーニングの

原則について解説していきます。

 

1.特異性の原則

身体は、与えられた刺激に応じた

変化が起こります。

例えば、筋肉を肥大させることが

目的であれば、筋肉を肥大させるような

メニューを組まなければいけません。

心肺機能を向上させることが目的で

あれば、心肺機能を向上させるよう...

詳しく見る

2019.07.08

イメージトレーニングとパフォーマンス

スポーツ障害

誰もが聞いたことのある「イメージ

トレーニング」では、そもそも

イメージトレーニングとは何なので

しょうか。

 

イメージトレーニングとは次のように

定義されています。

 

・スポーツで、体を実際に動かさず、

頭の中で動作を考えて、その正しい

運動動作を学習すること。

・ある事柄について、起こり得る場面、

場合、対処方法などを頭の中で考え、

慣れておくこと。

...

詳しく見る

2019.06.24

コンディション?コンディショニング?

スポーツ障害

「コンディショニング」

「コンディション」

スポーツをやっていると、よく耳に

するのではないでしょうか。

実際はどう言う意味なのでしょうか。

何が違うのでしょうか。

また、コンディショニングの要素に

ついても解説します。

 

 

・定義

・コンディション

ピークパフォーマンスの発揮に必要な

全ての要因。

 

・コンディショニング

ピーク...

詳しく見る

2019.06.10

スポーツでも重要。健康三大要素の「休養」

スポーツ障害

健康の三大要素は「運動」「休養」

「栄養」であることは広く認識

されていることです。

睡眠は「休養」の中でも最も

重要であり、日中の生活活動の

エネルギーの温存を行うだけではなく、

日中の生活活動における疲労から

回復させる役割を果たしています。

睡眠時間の短縮や睡眠・覚醒リズムの

乱れは、不定愁訴、日中の強い眠気、

集中力の低下、作業効率の低下など

様々な体調不良と関連し、

さらにはうつ病や生活習慣病の
...

詳しく見る

2019.05.27

スポーツ貧血ってなに??

整形外科疾患&その他

貧血は、競技者に見られる

代表的な疾患です。

日本オリンピック委員会強化指定

選手の検診結果では

男性11,9%、女性17,8%が血清鉄低値と

なっています。

競技種目別に見ると、女子陸上

競技者では、56%に貧血が

認められています。

一般女性の貧血は10%ということから

考えると、いかに女子競技者での

貧血が多いかが分かります。

貧血の症状としては、初期に

めまいと立ちくらみが起こります。

...

詳しく見る

2019.05.13

頭を強打!?脳震盪の正しい知識

スポーツ障害

先日、ブロック塀に登った小さな男の子が

頭から落下するのを目撃。

 

 

整骨院の中に入ってもらい、各種検査を

行いました。

 

脳震盪を疑う所見は無かったので、

保護者の方に迎えに来ていただきました。

 

24時間は要注意、その後も経過観察が必要で、

様子がおかしければ救急で病院に行くよう

お伝えし、大事に至らず家に帰りました。

 

...
詳しく見る

2019.04.08

運動したら血管が強くなる!?

スポーツ障害

身体を動かすのに最適な

季節になりました。

適切な運動は、

全身の健康づくりに

不可欠です。

しかしそれだけではなく、

実は血管の健康にも大きな

影響があります。

日頃運動不足を感じている人は、

強い血管づくりのためにも

運動習慣をつけましょう。

なぜ運動が血管の健康に繋がる

のでしょうか。

適度な運動は、

全身の血行を促進

します。

血液が血管の中を...

詳しく見る

赤ちゃんからマタニティ・高齢者の方までどんな方でもお気軽にK.styleにご相談ください。INFORMATION

〒761-8073
香川県高松市太田下町1962番地11
Kstyle[いわき整骨院併設]

受付時間
午前  8:30〜12:00
午後  15:00〜19:00 × ◯※

[ 休診日 ] 木曜午後・日・祝祭日 ※土曜午後は13:00〜15:00迄

完全予約制19時まで受付駐車場6台高松ゆめタウンより車で5分

ー完全予約制ー

K.styleへのご予約は

TEL. 087-867-5311

ーお問い合わせフォームー

K.styleへお気軽にご相談ください

ENTER
不妊・婦人科疾患で
お悩みの方へ
交通事故で
お悩みの方へ