Kstyle新着情報NEWS

2019.12.09

スポーツ現場における応急処置

スポーツの現場では、どうしても

防ぐことができないアクシデントが

つきものです。

そんな時、応急処置の質が予後を左右

する場合もあります。

今回は、正しい応急処置について、

解説します。

 

(P)RICE処置ではなく、POLICE処置!?

怪我をした時の応急処置、(P)RICE処置は

ご存知でしょうか。Pを省き、ライス処置

と呼ばれる場合がほとんどです。

Protection:保護

...

詳しく見る

2019.11.25

運動前にやっておくべきこと

試合や主運動において、良い

パフォーマンスを発揮するために、

事前に心身の準備をすることを目的

としたトレーニングを、ウォーミング

アップと言います。

練習、試合開始直後からハイパフォー

マンスを出すには、ウォーミングアップ

がとても大切です。

今回は、ウォーミングアップの効果に

ついて、解説します。

ウォーミングアップの目的

1:パフォーマンスの向上

運動では、体の様々な機能が活動します。

しかし、運動...

詳しく見る

2019.11.11

パフォーマンスの向上と、怪我予防

「コンディショニング」

「コンディション」

スポーツをやっていると、よく耳に

するのではないでしょうか。

実際はどう言う意味なのでしょうか。

何が違うのでしょうか。

また、コンディショニングの要素に

ついても解説します。

・定義

・コンディション

ピークパフォーマンスの発揮に必要な

全ての要因。

・コンディショニング

ピークパフォーマンスの発揮に必要な

全ての要因を、ある目的に向かって

...
詳しく見る

2019.10.21

腰椎椎間板ヘルニアのウソ!?ホント!?

腰痛で整形外科を受診すると、

「ヘルニアがありますね。

これが痛みの原因です。」

と言われることが多々あります。

ヘルニアの病態、正しい治療法

について解説していきます。

・構造

腰椎椎間板ヘルニアは、名前の通り

椎間板が後方に飛び出すことを

指します。

椎間板とは、背骨の間にある

クッションです。

芯を髄核、芯の周りを囲む繊維を、

線維輪と言います。

・病態

椎間...

詳しく見る

2019.10.07

関節が緩い?柔らかい?

スポーツに関わっていると、

「関節が緩い」と言う言葉をよく

耳にするのではないかと思います。

では、関節の緩みとはなぜ起こる

のでしょうか。

また、関節の緩みと

動揺性、不安定性は何が違うので

しょうか。

関節の可動性は、個々で多少の違い

はありますが、ほぼ一定です。

しかし、関節を構成する組織に

緩みがある、もしくは過度の柔軟性

がある場合に、過剰な可動性が出ます。

これを「関節弛緩性」と呼...

詳しく見る

2019.09.30

スポーツでベストパフォーマンスの引き出し方

トップアスリートに必要となる

のは、試合の時に練習で培った

パフォーマンスを、

最大限引き出すことです。

どれだけ日々厳しい練習を積み

重ねてきても、本番でその成果を

発揮できなければ、評価されません。

 

もちろん、プロ選手ともなると、

生活していくことができません。

 

そのため、実力を100%出すための

トレーニングを、日々行う必要が

あります。

&nbr>...

詳しく見る

2019.09.17

トレーニングの原則vol.2

トレーニングを効果的に行うには、

基本的な原則に沿ってプログラムを

作成する必要があります。

今回は、7つのトレーニングの

原則について解説していきます。

 

 

5.全面性の原則

トレーニングは、部位や種目が偏る

ことなく、バランスよく強化しなければ

なりません。

例えば、ある部分だけ強化しても、競技に

必要な他の部分が弱ければ、弱い部分に

引っ張られて強化した部位が最大...

詳しく見る

2019.08.19

突然起こる過換気症候群(過呼吸)

今回は、スポーツ現場でよく見られる

過換気症候群(過呼吸)の原因と、

対処法について解説します。

 

過換気とは、身体の中で作られた

二酸化炭素を、過剰に排出しようと

してしまう呼吸のことです。

 

過換気によって動脈血中の

二酸化炭素濃度が低下すると、

 

動脈血のphが酸性から

アルカリ性にシフトします。

 

これを、呼吸生アルカローシス

...

詳しく見る

2019.08.05

その方法、合ってます?正しい熱中症の対処法

とうとう夏本番を迎え、

30度を超える日が当たり前になりました。

 

そんな環境の中、気をつけるべき

ことは熱中症です。

 

 

近年、熱中症患者は増加の一途を

辿っています。

 

性別で分けてみると

男性は19〜39、女性では65歳以上が

大半を占めています。

 

若年者は特に運動中、65歳以上は

自宅での発生が特...

詳しく見る

2019.07.22

トレーニングの原則vol.1

トレーニングを効果的に行うには、

基本的な原則に沿ってプログラムを

作成する必要があります。

今回は、7つのトレーニングの

原則について解説していきます。

 

1.特異性の原則

身体は、与えられた刺激に応じた

変化が起こります。

例えば、筋肉を肥大させることが

目的であれば、筋肉を肥大させるような

メニューを組まなければいけません。

心肺機能を向上させることが目的で

あれば、心肺機能を向上させるよう...

詳しく見る

赤ちゃんからマタニティ・高齢者の方までどんな方でもお気軽にK.styleにご相談ください。INFORMATION

〒761-8073
香川県高松市太田下町1962番地11
Kstyle[いわき整骨院併設]

受付時間
通院される方 9:30〜12:00 × ×
遠隔で受けられる方【昼の部】13:30~ × × ×
遠隔で受けられる方【夜間の部】21:30~ × ×

[ 休診日 ] 土日祝祭日
遠隔キヅキヒーリングをご希望の方はこちら

完全予約制19時まで受付駐車場6台高松ゆめタウンより車で5分

ー完全予約制ー

K.styleへのご予約は

TEL. 087-867-5311

ーお問い合わせフォームー

K.styleへお気軽にご相談ください

ENTER